暫く療養と入院、更に手術をしまして映画ブログは更新を怠っておりました。作品は鑑賞してますので、徐々に復帰させていただきます。今後共、よろしくおねがいします。


by turtoone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

毎度、思いつきで変なミニ特集を考えてしまうが、この新春ホテルシアター企画もこの三作で終わりである。この鑑賞の目的として、勝手ながら、日本映画の将来に何か提言(←実際はイチャモンレベルになっているが・・・反省)出来るのではないかとアジェンダを掲げたが、自分なりにはb0046687_10544318.jpg色々と見えてきているのは事実。だが、文章表現力の弱さで中々伝えられないのは残念。ところで、このブログにも良く書くが、相変わらずこの邦題には関心する(それは、このミニ特集の三作品すべてに共通する)。特に表題作は、原題を全く無視したに近いタイトル。「リトルイタリー」というと、有名なのはやはりマンハッタン。だが、実際はオーストラリアの話であるが、でも、リトルイタリーという言葉に触手された方の恐らく4分の3以上の人はマンハッタンをイメージすると勝手に思う。これは結構中身と関係なく、強い「掴み」である。邦題には賛否両論色々あって良いが、少なくとも、日本の興行界においては力強い、気合の入った仕事だと賞賛したい。

さて、作品に関してであるが、まず103分の中に内容が凝縮された、見事な作品。偶然であるがこの三作品はすべてが100分程度であるが、筆者が以前から述べているが一作品の上映適正時間は100分であると思う(チャン・イーモウ監督は90分だと言っているが・・・)。講義も90分が普通で、以前友人の教授に聞いたところ、講師も学生も45~50分を過ぎてやって乗ってくるという。だから序盤に少し学生のうたたねタイムを作ってあげると、自分も山場に大事なポイントを話せて良いらしいという、大学教授と映画監督は一緒なんだなぁという事を知ったが、やはり人間が集中していられる時間には限りがある。まずは日本映画も、こういう傾向で作ったら良いと思う。暴言かもしれないが「100分を超えないこと・・・」確かに名画と言われている物には長い作品が多いが、名画と大作と一括りにしている誤解もある。

この作品は確か予告編では本当の愛を気がつく云々の事を言っていたが、違う。作品の構成要素は色々と深いが、軸になるのは男二人兄弟の間にある、絆とか、距離感とか、境遇であり、それらを軸に考えると、この作品の中で語られている様々な問題が明解になって行くのであって、恋の方に軸をおいてしまっては、主題や様々な問題提起を見過ごしてしまう。特にラストへの流れに関しては、恋に軸を置いてしまうと、二者択一でどっちへ転んでも、思慮深く考えれば最悪の未来になるし、安易に受け止めると「やっぱ、容姿かよ」って短絡的な感想になってしまう。しかしながら、兄弟を軸にすれば、結果がどちらになっても展望が見えてくる不思議な作品だ。ここでひとつ言いたいのは、前述した邦題は気合が入っているのに、予告編には騙される。良い意味で騙されたこともあるが、大概は悪い騙され方をしている。この作品の予告編も、勝手に「本当の愛」に軸を移してしまって、勿論、それは「きみに読む物語」のジャン・サルディ絡みということを強調したいという事は分るが、結果的にそれに期待して裏切られた映画ファンは沢山いる筈で、一応、映画作品広報のプロフェッショナルなのだから、作品のラインだけは逸脱しないで欲しいと願う。

特筆すべきは、ヒロインを、アメリア・ワーナーとても綺麗に撮っていた。彼女は直近では「イーオン・フラックス」でシャー子の妹役で出演していたり、そう、コリン・ファレルの元妻である。筆者の場合、女優を綺麗に撮影できるか否かは、映画鑑賞にとって不可欠要素であるが、知る限b0046687_10545969.jpgり、この女優をこんなに綺麗に撮られた事は無い。翻って、例えば日本映画も往年の原節子や高峰三枝子が「銀幕」の名に相応しいほど美しく描かれたり、或いは最近では、故五社英雄監督が「陽暉楼」の池上季実子、「陽炎」の樋口可奈子(その他勿論、岩下志麻、夏目雅子、名取裕子、最後の最後で高島礼子)、又、故伊丹十三監督が夫人の宮本信子を綺麗に撮ったりと、フランス映画に匹敵するほど女優を美しく撮る技術を持っていた。是非、この点に関しては栄光の日本映画伝統として継承し、更に超えて欲しい。

男兄弟を描いて作品としては、筆者的にはやはり、「レインマン」が最高であるが、あの作品は、それ以外にもたくさんの関連テーマを持っているので、一概に男兄弟だけの作品という訳ではない。だが、共通しているのは、兄はやはり兄であり、弟はやはり弟であるという事。我が国では、「嫡子」という意味で長男を重視してきたが、今やそういう時代ではない。そういう観点から時代錯誤と日本の風習を加味した兄弟モノは面白いかも。とせこかの国のように政策をひいていないのに「少子化」なのだから。

ということで、結局殆ど提言にならなかったが、結構面白い作品を観られ、考えさせられた新春の映画体験だった。


公式サイト


allcinema ONLINEの作品ページ
goo映画の作品ページ


よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング


ついでながら姉妹ブログへもどうぞ
「情報過多で悩むあなたに」
「東京の原景を探して」
[PR]
by turtoone | 2007-01-07 11:06 | 映画(ら行)
2007年新年、ホテル・シアターの第2弾鑑賞記事である。この主人公の設定、アルゼンチン在住のポーランド系ユダヤ人といわれただけで、国際感覚の薄い筆者には、もう何が何だかわからない。ポーランド系ユダヤ人と聞いただけで、勝手ながら大変悲惨な過去を持っていたるではないかと邪推してしまう。いけない偏見である。一方でプエノスアイレスといえば、「南米のパリ」といわれるほどの美しい街であり、アルゼンチンの首都で人口は丁度名古屋と同じくらいであろb0046687_20512821.jpgうか。気候もわが国と似ている。筆者は勿論、行った事がなく(ブラジルとペルーには行ったので、近くまでは行っているんだなぁ~)多分、今生では余程、テレビのクイズ番組で全問正解者が出たときに偶然応募して、偶然が重なり当選した場合でもない限り、行く機会は無い。それから、「ブエノスアイレス」というカンヌで監督賞を取った香港映画があったと思った。筆者の苦手な同性愛がテーマだったので観ていないが、だから、映像ですら、この都市をちゃんと確認したことすら無い。つまり、この設定と筆者は、日本人とフランス車以上に遠い位置関係にあるというのが、まずもって作品の冒頭からの印象である。

しかしながら、冒頭から実にテンポの良い作品だ。こう感じる大きな要因は言語の響きの心地よさもある。どうやら、筆者はスペイン語とか、あっちの言葉の方が好きな様だ。そして、やはり最初から興味を持った点が主人公であり、アルゼンチンの青年が、今更、欧州諸国に興味と憧憬を持っているなどという現実はこの作品に触れるまで、全く、知り得なかった世界であり、感覚である。大学でポーランド語の勉強をされている方なら分るが、筆者にはポーランドへの憧憬どころか興味もない。言い方が悪いかも知れないが、筆者にはポーランドの事を知ろうとしてもそんな時間的・金銭的余裕もなく、従って、ポーランドの事を調べる時間があるのなら、ギリシアの音楽、イタリアの政治、アルバニアの文学などを勉強したいと思ってしまう。ただ、これも筆者の時代感覚が現代青年と多少ずれているのかも知れないのは、要するに、長いことこの国は「東欧」だった訳で、ソビエト連邦同様西側諸国に関しては随分もの間、ベールに包まれていたことは事実。最近になってこの国の良さ、例えばバルト海に面している美しい大地というイメージが、前述のクイズ番組や、その翌日夜のどちらかというと余り売れていなくて時間に余裕のある(でも、稀に香椎由宇ちゃんみたいな超売れっ子も出たりする・・・)俳優が長期滞在する番組の舞台になったりする。だから、この感覚の違いは民族的なことだけでなく、ジェネレーション・ギャップなのかもしれない。

b0046687_2052530.jpg作品に戻って、ガレリアの社会を描いているが、面白いのは、アルゼンチン社会の縮図であると同時に、主人公の視界で描いているものでもある。だから冒頭のガレリア紹介の部分ではその紹介の度合いがとても狭いのであるが、結末でガレリアの今を紹介するが、このときはかなり広い視野を持っていて、その分の主人公の人間的な成長がさりげなく語られている。大変心にくく、上手い演出である。物語と同じ目線で言えば、主人公アリエル(←どうもこの名前は「リトル・マーメード」を想像してしまう)がボーランド国籍を取ろうとしている内に、それが徐々になんの意味があるのかを自分でも分らなくなっていく。そこに、ガレリアの中の様々な騒動、祖母の存在、そして母を捨てた父が戻ることになり、アリエルが本当に大事な環境というのは何なのかを確認するという、まさに青春ムービーなのである。そう、こういう青春ムービーって、実は、日本映画の最も得意とするところなのではないだろうか? ただ、日本の青春映画ってこんなにテンポが速いもの余りないし、残念なのは政治的な背景は余り語られない。だから、そういう青春映画というのは、実は作ってみたりしたら良いのかもしれない。昔、筆者がまだ邦画を良く見ていた時代に「ヒポクラテスたち」という名画があった。これは直接で無いが、政治を語ったりしているが、こういう内容でテンポの良い作品を作れば良いんじゃないかって勝手に思う。

ブエノスアイレスとは「良い空気」という意味らしい。最終的に父も息子も求めたものはこの空気なのだろう。それにしてもタンゴっていいなァ・・・。アルゼンチンに行きたい!!


公式サイト


allcinema ONLINEの作品ページ
goo映画の作品ページ


よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング


ついでながら姉妹ブログへもどうぞ
「情報過多で悩むあなたに」
「東京の原景を探して」
[PR]
by turtoone | 2007-01-05 22:53 | 映画(は行)
b0046687_174142100.jpg実は、筆者は年末から正月三が日を箱根で過ごすのが通例になっていて、言わば一家の年中行事のひとつみたいなものである。何故、箱根かという理由は簡単で、関東大学駅伝を父が大好きだからである。但し、本年は筆者が正月2日にイベントの仕事が入っているのと、長女が受験の関係で2日から塾が始まるということもあって、例年より短く、2日に両親家族を置いて先に帰京となった、少し慌しい正月だった。つまり、この何日かは例年映画とは無縁であったにも係わらず、何と今年はいつも常宿にしているホテルの各客室に「Room Theater」なるものが完備されていて、1日1000円でラインアップされている映画作品が「観放題」なのであった。そんな訳で、例年の様に沿道の選手達を応援することは出来なかったものの、箱根神社に初詣に参拝する以外は、殆どこのシアターに釘付けになっていた。新年最初のレビューは、ここで鑑賞した(何れも以前に何かで観ているが)作品記事を書く。

実は、ここで観た作品に関して共通しているのは、ミニシアター系であったことと、どちらかというと良い邦画を製作するのに大変参考になるのではと筆者が勝手に思っている内容である。この表題作は、三姉妹の作品である。まず、この作品で特筆すべてことは二つあり、シーン毎の構成が実に見事であること。例えば、女性が男性を追うシーンを、カメラが追いながら位置を上昇させ最後は真上からのアングルになるが、その女性の立っている下には綺麗な文様がある。実に芸術的なカット割であり、同時にひとつひとつを見事に完結させている。最近はテレビと同じ様な映画作品が多くてとても残念なのであるが、映画はこの「ぶつ切り」が良いのであって、だからひとつひとつのカット、シーンをもっと大切にするべきなのである。昨今は、各家庭のテレビの画面も益々大きくなっているから、ちょっと見ではテレビか映画か分らない作品も多く、又、日b0046687_1742097.jpg本映画が安易なのは、ヒット番組があると、すぐに映画化してしまう。これでは本来映画作品の持つ芸術性というのは益々薄れていってしまうばかりである。そんな状況に一石を投じられる、中々、玄人(←別に筆者が玄人であるということではない・・・)好みの構成である。もうひとつは女優が綺麗。筆者は絶対このことには拘る。そしてこれはフランス映画の伝統と誇りであり、それをきちんと継承している。特に、キャロル役のエマニュエル・ベラールは最高である。彼女はありきたりだが「ミッション・インポッシブル」のクレア役が大変良かった。ただ、役柄的には「ブッシュ・ド・ノエル」に近い。正直、彼女のことを良く覚えているのはこの2作である。でも、本作品は絶対に忘れない。なぜなら、「美しく撮られている」からである。彼女だけでなく、二人の妹役である、カリン・ヴィアールとマリー・ジランも美しかったが、驚いたのは母親役のキャロル・ブーケの役作りっぷりで、この人、そんなに筆者と年齢が変わらない(←彼女の方が上であるが)、というか、アネット・ベニングやアンディ・マクドーウェル、シャロン・ストーン(ちょっとこの人は特別かもしれないが・・・)なんかと同年代の筈なのに、なんだこの婆ァ、失礼、老婦人ぶりはと驚いてしまった、さすがにこの辺りがフランスの女優だなぁと関心する。例えは良くないが、「寺内貫太郎一家」の樹木希林(この頃はまだ悠木千帆だった)みたいなものだろうか。(すみません、この作品はコメディではありません・・・)そういう意味ではどちらも素晴らしい。

作品構成の良さは、この三姉妹を並列で描いていること。大体、姉妹を横並びかつ同時系列で描けるのは、せいぜい二人迄。しかし、この作品はこの並列にチャレンジしておきながら、同時にこの三人を同軸で描こうとしていない。その辺りが冒頭の半ば残酷なシーンと相俟って、中々面白い構成に繋がっている。しかし、残念だったのは、この姉妹のそれぞれは描写できたものの、姉妹同士の絆や、母親との関わりについては説明不足だった。ただ、この説明に徹してしまうと多分上映時間が2時間を越えてしまうだろうから、時間を優先すれば、これでも良かったが、例えば冒頭シーンと連携した比喩表現のカットを入れる事で説明出来たと思う。筆者の鑑賞が甘いのか、姉妹の関係に関しては、正直確たるところが分からなかったし、それはこの作品をここまで作りこんでおいた一方で、とても残念な事である。

邦画でも、カット割に拘る監督は多い。こう考えると、良い作品というのは、やはりカットと女優。この基本的な映画たるべきものという本質は変わっていないと言ったら言い過ぎだろうか?


公式サイト


allcinema ONLINEの作品ページ
goo映画の作品ページ

よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング


ついでながら姉妹ブログへもどうぞ
「情報過多で悩むあなたに」
「東京の原景を探して」
[PR]
by turtoone | 2007-01-03 17:48 | 映画(あ行)

2007年 期待度ランキング

A Happy New Year!
I wish us 2007 will be great!!


1. クィーン
2. マリー・アントワネット
3. ドリームガールス
4. ディパーテッド
5. バベル
6. フランシスコの二人の息子
7. グアンタナモ、僕達が見た真実
8. 善き人のためのソナタ
9. ミス・ポター
10. ボビー
次点 グッド・ジャーマン
番外 エヴリワン・ステアズ:ポリス・インサイドアウト


b0046687_1646088.jpg昨年の期待度ランキングと比べると、今年はとても10作+1に絞り、しかもその中でも順位をつけることが難しかった。手前味噌で恐縮だが、例えば、昨年の期待度ランキングと年間ランキングを比較すると、1位は何れも「ミュンヘン」で一致しているが、ベスト10の内、5作は年間ランキングに含まれているが、半分は「期待外れ」だった作品だった。期待しているということは、それだけ点数的にも有利なのか不利なのかは分らないが、期待通りの出来だったら点数的にはぐっと上がるし、逆に期待はずれだったら、意図的ではないにしても大きく点数が下げられるのかもしれb0046687_16503170.jpgない。しかし、相変わらず「人物モノ」は上位にランキングされていて、特に第一位の「クィーン」の設定はこの中でも大変興味深い。公開がGWの予定だが、オスカーにもノミネートされそうな内容なので、筆者の期待度も第1位とした。「マリー・アントワネット」も、題材だけであればそんなに気にならないが、キルスティンが演じるというところが、視点を少し変えられそうで、可也期待できる。同様に「ドリームガールズ」も、ダイアナ・ロスとビヨンセが被るという設定が面白い。そんな訳で、昨年の公開を期待して2006年期待度ランキングで2位だった、スコセッシ&ディカプリオの新作も4位。今回は前作「アビエイター」と違い、期待度ランキングも低く、オスカーのキャンペーンも張らないぞ! 別に期待薄という訳ではないが、このコンビには人物モノ・歴史モノを撮っb0046687_16552574.jpgて欲しかったという我儘である。ミニ・シアター系も随分ランクインした。中でも、「フランシスコ~」はミュージシャンものだし、可也期待。さて、ランキング入りしなかった作品も、「華麗なる恋の舞台で」、「モーツァルトとクジラ」、「幸せのちから」、「ブラック・ダイヤモンド」、「ドレスデン」、「スターダスト」、「ア・グッドイヤー」、「ファウンテン」、「300」、「ツォツィ」、「ユアン少年と小さな英雄」、「オール・ザ・キングスメン」辺りが次ぎのランクに入る。更に、続編系では、二大超大作になる、「スーパーマン3」と「パイレーツ・オブ・カリビアン3」が何れも5月に控えている。「ハリーポッター」や「オーシャンズ」の続編もあるわけだから、今年も油断していると昨年の様にどんどん見逃してしまうと思う。そして、この作品だけはランキングに入れられなかったのが、ミュージシャンとしての筆者が、数ある音楽家たちの中でワグナー、セロニアス・モンクと共に最も影響を受けたといっても過言でない、ポリスのドキュメント作品「エヴリワン・ステアズ:ポリス・インサイドアウト」。これを第1位にしても良かったのだが、まあ、筆者にとってポリスは別格ということで番外とした。今年も年明け早々世話しなく、新作を何作観られるか、又、当ブログに何作レビューを上げられるか分らないが、このランキングをもって新年のご挨拶とさせて頂きたい。


よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング

ついでながら姉妹ブログへもどうぞ
「情報過多で悩むあなたに」
「東京の原景を探して」
[PR]
by turtoone | 2007-01-02 16:57 | 映画関連