暫く療養と入院、更に手術をしまして映画ブログは更新を怠っておりました。作品は鑑賞してますので、徐々に復帰させていただきます。今後共、よろしくおねがいします。


by turtoone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

b0046687_1710187.jpgこの作品で描かれているルワンダのツチ族とフツ族の紛争に関して、筆者が当時一番最初に知り得たのは、週刊雑誌「News week日本版」である。他のどのメディアよりも早くそして詳しく記事が掲載されており、特に、見開き4ページか何かの特集の時には、このふたつの部族の成り立ちやなぜ、彼等が争っているかという歴史的背景がこと細かく執筆されていた。映画の中にも一部、フツ族、ツチ族の事に触れられているが、この台詞だけでこの紛争を理解するには、知識の無い人には不十分だと思った。但し、筆者が知ることが出来たのは、その記事、及び前出の週刊雑誌のその後の報道のみで、最終的に1000万人が惨殺されたとか、両民族が逃げ場を求めてアフリカの大地をさまよっているという結果論だけだった。欧米や日本るメディアはこの大事件に関しての報道に関しては至って消極的(というよりも殆ど無視に近い)だったと言わざるを得ない。アフリカを扱った作品(映画に限らず)に触れるたびに、この大陸を16世紀以降、勝手に線引きをしてきた欧州の国々の大罪を糾弾したく思う。今、我々が習っていたり、旅行の際に見ることのあるアフリカ地図は、そこに住んでいる人の主張の欠片はひとつもなく、ただ、欧州の傲慢や輩によって分捕り合戦の末作成された地図であることを、我々は再認識しなくてはならないと思う。そして、初めてこの事件を知ってから10年以上が経ってしまったが、今も改めてこの映画作品により、当時の事実関係が世界に初めて紹介されたということと、自身にとっても当時の断片的な報道記事だけでなく、当事者の声の発信を受け止めることが出来たことがこの作品鑑賞の目的でもあり、意義でもある。筆者的には長い時間が係ったか、作品のみならず、自己の時間的背景に関しても感動せざるを得ない。それくらい、我々は同じ地球上の民族であるこの大陸で起こっていることに無関心なのである。作品の日本公開は映画ファンの署名運動によって実現した。冒頭に偉そうなことを書いたが、筆者はこの署名にも参加できなかった。

特に、この映画作品では、当時この両族の争いがある程度収束された段階から始まっている。筆者が記事で始めてこの紛争を知った内容よりも、もう少し後のことである。記事では国連軍が介入しこの一件も収束しそうであるが、この両族に改めて刻まれた遺恨は大きく、筆者と同じく、これは欧州諸国の大罪だと纏めている。イラク戦争もそうであるが最前線で何が行われているか、或いは援軍が退去してしまってから本当の悲劇が始まるということが、実は一番大きな問題である。国際問題というのは、所詮「地域問題」として捉えきれない部分であり、イスラエルしかり、ボスニアしかりである。ここいいながら、今現在のルワンダやコンゴの問題も本質を知りえる訳ではない。しかし、結局「地域問題」というのは、その地域で解決しなくては何も生まれないというのも事実。であるからこそ、この作品の主人公である。ホール・ルセサバギナという人が、自らの手で同じ民族を守ろうとした行動は、凡人の自分には賞賛を表す言葉すら見つからない。よく「アフリカのシンドラー」などと言われるが、何々の何者でなく、彼自身の行動は何かと比喩・比較できるものではない。

又、この作品は必要以上に特別な効果を強調していなかった。例えば、音楽で言えば、勿論全編にアフロミュージックが流れているが、そこには日常を感じるだけで、例えばこの紛争の危機を音楽で表現しようとしたりということはなかった。子供たちが普通に音楽にのって踊っているシーンが幾つかあるが、この紛争の最中なのに、子供たちはそれを知らない。逆にそのことが「効果」となり余計、罪もない小さい子供たちがなぜ犠牲者になるのかという悲惨さを強調することにも繋がっている。また、ホテルでの滞在に関しては、勿論部屋数に対して絶対的に人数が多いのだが、その滞在の悲惨な様子も描いていない。多分、この一流ホテルにいることは安心と当時に、普段の生活よりもきっと良いのだから、そういう不満や悲惨は表れない。ポールが懸命に食料を調達している場面くらいに抑えているのは、この滞在が当時のルワンダの環境からしてみればという部分に、逆に悲惨さを受け取ってしまう(これは文明国にいる人間の奢りかもしれない)。この妙に物事を強調しなくてもその内容がしっかりと伝わってくる処に、この民族紛争の悲劇と、脚本の出来の良さと映像との連繋、カット割の良さがなせるところだと思う。これら映画の基本である。

ハリウッドスターをルセサバキナ夫妻役の配してどうかと思ったが、二人ともしっかりとこの歴史的事実を伝えるのに充分な演技力を持っていたと思う。


公式サイト


allcinema ONLINEの作品ページ
goo映画の作品ページ


よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング

ついでながら姉妹ブログへもどうぞ
「情報過多で悩むあなたに」
「東京の原景を探して」
[PR]
by turtoone | 2006-10-29 17:16 | 映画(は行)
b0046687_14472216.jpg未来作品も色々出てくると一体この先何がどうなるのかが分らなくて不安になる。無論、映画作品の中だけのことではあるのだけど、文学と違って視聴覚を支配されているわけだからその影響力も大きい。又、最近は一方でタイムスリップの過去モノも多いし、作品自体はタイムスリップしなくても、観客をスリップさせる効果のあるもの(例えば「ALWAYS」これは筆者的にも中々の名作)も多い、このブログでも度々書くが、現代社会を凝視しない(というかできない)作品が圧倒的に減っていることは大変残念である。又、この作品でいえば、あと5年後にウィルスにより人類は殆ど滅亡してしまう。こんな「終末観」は前世紀末には常に言われていたことだから、別に驚いたりもないが、ただ、この作品は筆者は剃らなかったがアメコミであるらしい。その辺りは、この映画作品とやかくではなく原作を読んでみないことには何ともいえない。

この作品の映像技術に関しても、殆どの場面で「普通に撮影できる」ところが少ない。懲りすぎといえばそうかも知れないが、一方で肝心の「美術」に力を抜いてしまっている箇所があるから残念である。技術が向上すればそれだけ粗も分りやすくなるというもので、その辺りはトータル的なプロデュースの問題なのであろう。又、物語的にも色々と突っ込みを入れたくなってしまうところは多いが、それが、ウィルスとクローンという二つのキーワードを使われると、何れも「未知」の要素が多すぎるために何でもありという鑑賞側の空虚感は致し方ないと思わざるを得ない。最近では「ズルイ」キーワードである。ましてや、イーオン自身の悲劇と兼ね合わせるから、肝心の主題がなんなのかが、物語が進行するに従ってどんどん的外れになってしまうのも意味がない。「モニカン」の存在意義も今ひとつ不明で、新興宗教の様だ。

しかしシャー子さまは、どうしても映画よりも普段の方が素敵である。髪型も服装も、立ち振る舞いもすべて、普段。というか、正確に言えば「映画に出ていない方が良い」という。こういう映画女優も珍しいと思う。今回の「イーオンフラックス」も、シャー子としては初めての「カッコイイ女性の役」で、確かに、この役はララクロフトともアリスと違い、シャー子で正解だったであろう。でも、素顔のアンジーよりもララクロフトの方が格好良く(勿論、素顔も素敵だが)、ミラジョボもアリスの方が良い(先に同じ)であるのに、このイーオンの役はシャー子ほど魅力的ではなかった。寧ろ、キャサリン(イーオンのなる前の普通の人間)役の方がずっと爽やかで良かった。スーパーモデル出身ということもあるからかも知れないが、どうも彼女の代表作になるというものに中々お目にかかれない。(「スタンドアップ」も良かったけれど、美しい役ではなかった。「スウィート・ノベンバー」 もしかり・・・、「トリコロール~」も今一歩)。イーオンは黒髪が似合わなかった?(でも、何処かのパーティーで黒髪にドレスを着ていた時はエキゾチックだったのに)。ただ、アクションシーンは全部自分で演じたらしいがこんなことの出来る女優さんだとは思わなかったので驚いた。次は是非、トム・クルーズなんかと新しいアクションシリーズをやったらどうだろうと思う。それから彼女の「雄叫び」(オスではないが・・・)がこんな声というのも驚いた。この作品が新しいシャー子の発見になったことは事実である。それでも、

原作云々と前述したが、同じアメコミでも「コンスタンティン」 の様に映画作品として確立できなかったのは事実。そしてどう考えてもこの作品の舞台は日本。「ラストサムライ」「SAYURI」と、又違った見方として、この国がどう見られているかに関しては、最早「いい加減」という範疇を通り越して、一笑にふせるものではなくなって来ている。どなたか、学術的に研究をして欲しい(資料の提供協力はするので)と思うのであるが。



公式サイト
allcinema ONLINEの作品ページ
goo映画の作品ページ

よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング

ついでながら姉妹ブログへもどうぞ
「情報過多で悩むあなたに」
「東京の原景を探して」
[PR]
by turtoone | 2006-10-28 15:00 | 映画(あ行)

アンジェラ ~新作DVD~

b0046687_1545935.jpgこの作品を観るまで、アンドレ役のジャメル・ドゥーブスという男優さんは右手が不自由だということを全く知らなかった。正直、フランス映画というのは中々観る機会が少ないから、フランスの俳優もついつい女優さんの方には目が行ってしまうし、又、この人の印象というと「アメリ」に尽きるわけで、オドレイを筆頭に出演人物の誰もが印象的だったあの作品の中でもしっかりとインプットしている内のひとりであった。だから「アメリ」でも、右手が不自由であったが、今の映画では何でもできるから、勝手に視聴覚効果だと思っていた。そういう意味では改めて勘違いを氏とファンにお詫びしたい。冒頭から、アンジェラ役のリー・ラスムッセンの事でなく、ジャメルから入ったのも、実はこの作品想定していたのと違い、アンジェラ役よりもアンドレ役の方が全編を通して印象に残っていたからだと思う。

ところで、この作品はかの「ジャンヌ・ダルク」以来、ベッソンの「監督作」である。この間6年間、ベッソンは、只管、プロデュース業に専念し、フランスの若手監督の発掘と育成に力を注いでいたそうだ。そうそう「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」なんかも、制作総指揮に当っていたと記憶している。この監督は筆者と殆ど同年代だから、結構彼の考えが理解できると思いきや、実は、前述の「ジャンヌ」しか、彼の監督意図を理解できる作品というのは筆者には無い。だから、6年間もメガホンを取っていなかったと言っても、実はそんなに気にならなかったのも事実。ただ、ミラ・ジョボの後遺症でも残っていたとしたら不幸な話だなぁとは心配をしていた。

さて、その6年ぶりの待望の作品「アンジェラ」であるが、至ってシンプルな内容であり、いや、シンプルっていうのはどちらかというと褒め言葉で、実を言うと、何を言いたかったのかが、今までの氏の作品とは全く違う意味でわからない。まず、物語であるが、大抵の映画作品は次の、その又次の展開を期待するものであるが、この作品に至ってはそんなことが何もなかった。というか、この流れからいったらはっきり言って落ち着くところはふたつしかなく、それはどちらも全然面白くないのである。多分、殆どの鑑賞者がこの作品をご覧になってそう思ったに違いない。だってタイトルからして「アンジェラ」なんだから、もう殆どのところで途中の展開云々でなく、ラストはみえてしまう。

次にモノクロームで撮ってくれたことには大変賞賛をしたいが、これもその撮影の対象でモノクロの是非が分かれてしまった。風景という点では、パリの街並みを見事に表現した。特にセーヌ河のあたりは絶賛であり、アンジェラがどうしても乗りたいという意味が大変良く理解できた。又、同時に何かを誇張する訳でもなく、鑑賞者の誰にでも分りやすいパリの描写に努めた。そう、この点は前述した「シンプル」という範疇に入る。しかし、いつも筆者が力説する「女優」を綺麗に撮れたかという点では、全くもって論外だった。モノクロームは、一般的にカラーより「女優」を綺麗に撮れる。というか、今までのフランス映画史ではそうであった。又、最近ではカラーにおいても、特にフランス映画では女優を綺麗に撮っている。思うに、これはアンジェラ役のリー・ラムスッセンが、表情の美という前に全身的美しさの先入観を鑑賞者に与えてしまったからかもとれない。但し、それを覆すべく、アンジェラが涙するシーンがあるが、ここで、彼女の「表情美」を描写し切れなかった。ウーン、残念なのである。

極めつけはラストも、「ふたつの内のさらに良くない方」を選択してしまい、もっと酷いのはそのラス前である。あのシーン、ひとつ間違うと笑ってしまうよ。しかし、笑わずにすんだのは、ジャメルの演技力。彼の存在に終始救われた作品だった。中盤、彼の鏡に映った自分の顔を見て涙するシーンがあるが、ヒロインの涙シーンより、こっちの方が感動してしまうってどういう映画なんだろうって思ってしまった。


公式サイト


allcinema ONLINEの作品ページ
goo映画の作品ページ


よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング

ついでながら姉妹ブログへもどうぞ
「情報過多で悩むあなたに」
「東京の原景を探して」
[PR]
by turtoone | 2006-10-22 15:53 | 映画(あ行)

RENT/レント ~新作DVD~

b0046687_1431950.jpgいつも思うのだが、ミュージカル映画というのは鑑賞中に見所を失い勝ちで大変難しい。理由は過去にもこのブログで書いたが、大体の作品は元々が「舞台作品」であるから、広い舞台空間の中で、登場人物のひとりひとりに色々な思いを馳せることができる。それがまた、鑑賞者の喜びでもあり、だからこそ、同じ作品なのに、何度も観にいったりするのである。しかし、映画というのはスクリーンというある一定の大きさの幅に押しこめられてしまうから、その鑑賞者の注目を一点に特定させることとなる。そこで大事なことというのは、その「特定」してしまった方が良い「作品」と、「そうでない作品」があり、これが実は、映画作品としてのミュージカルの出来を大きく左右するのではないか。至って、個人的評価で申し上げると、前者、つまり、特定されたことによって良い作品になった例は「サウンド・オブ・ミュージック」、「コーラス・ライン」、「ムーラン・ルージュ」であり、後者としては、「ウェスタンサイド・ストーリー」、「オペラ座の怪人」などである。

表題作の「RENT/レント」は、残念ながら明らかに後者に入る。この作品は伝説的なブロードウェイミュージカル作品ということらしい。筆者も作品名と、ベースにしたのが、プッチーニのオペラ「ラ・ボエーム」(こっちは何度か観たことがある)であり、又、作者が公演直前に謎の死を遂げてしまったということくらいしか知らない。当時は結構、話題になったのも記憶しているが、その後、ダウンタウンで上映されて人気になり、一気にブロードウェイまで駆け上がって来たらしい。筆者がこの作品を「明らかに後者に入る」と言う理由は、この内容をシネマという土壌に持ってきたときに「ミュージカル」という選択肢しか無かったのかが大変不思議だったのである。これは「安易」であること以外何者でも無いと思う。批判するわけではないし、舞台版を観たことがないから比較論も言えないが、失敗ミュージカル作にありがちな、「突然の歌」というのが多い。又、「歌」のためにわざわざ作られた「場面」というのが多い。更に言えば、この作品全体の根底に流れる「エイズ」という問題に関して、(多分、舞台版では真正面から取り組んでいるのであろうが)、映画版は真正面から受け止めようという姿勢が感じられない。

この物語は、冒頭、舞台上に主要人物が横一列に並んで歌い出すところから始まる。この冒頭は斬新さは無いが良い。筆者などは、この設定は「コーラスライン」を彷彿させるから、印象は良い。しかし、すぐ、舞台が切り替わり、タイトルでもある「レント(家賃)」の舞台へと引きずられる。そう、この辺りとその後15分くらいの展開は、まさに鑑賞者を勝手に作品内の礎になる部分を一通り閲覧させ、引きずっているという印象なのである。それだけでなく、例えば、急にタンゴの場面になったりとか、つまりは、映画作品で一番大事にエモーショナル・ラインが保てなくなってしまうのである。正直、この作品はこの連続である。そして、折角、冒頭でのシーンがあるにも係わらず、作品内では、この人物達がお互いに自己紹介をし合ったりしている。やはり、舞台をそのまま映画に持ってきた安易さは歪めない。(映画としての)脚本の失敗である。

しかし、一方でここに出演している主要人物俳優のそれぞれがロザリオ・ド―ソンを除いて6人が皆、オリジナル版の舞台役から引き継いでいるということから、この誰もがの演技が大変力強い。勿論、ロザリオも彼等に負けていない。歌の部分では充分説得力があっただけに、何度も言うようであるが映画の舞台設定はもっと何とかならなかったのかと思うと残念でならない。前述した、冒頭の場面を一つの枠にした(ありふれた演出かも知れないが)、例えば「五線譜のラブレター」みたいな見せ方、演出法もあったのではないかと思う。

とはいえ、ミュージカルは好きであるが余り詳しくは無い筆者がいつも言うことは同じで、もっと「実験的」なミュージカル作品が欲しいのである。


公式サイト


allcinema ONLINEの作品ページ
goo映画の作品ページ


よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング

ついでながら姉妹ブログへもどうぞ
「情報過多で悩むあなたに」
「東京の原景を探して」
[PR]
by turtoone | 2006-10-21 23:11 | 映画(ら行)
b0046687_22373960.jpg「新作」になるのかどうか分らないが、某大手量販ミュージックショップではまだ新作の棚にありながら、2枚以上買うと20%offだというので、発売前予約のネット特価で買い損ねていたこの作品を新作レビューで取り上げた。この作品も実は公開時に鑑賞したものの、思った程の出来ではなかったので、このブログにも記事を上げなかったが、多分、そのときは色々な意味での期待が大きすぎたのであろうと思う。

ジャーヘッドというのが、「頭が空っぽの海兵隊員」という意味だということも、実はこの作品で初めて知った。大体、海軍(海軍と海兵隊がどう違うのかは知らないが・・・)といえば、戦前の日本では花形という印象がある。敬礼の仕方ひとつをとっても陸・空軍より格好が良い。又、戦争映画を観ると8割以上の確率で思うのが、日本という国の(というよりは筆者個人の・・・)平和呆けというのは相当酷いものだと思う。この作品は湾岸戦争を舞台にしているが、音楽なんかもこれまでのベトナム戦争の映画なんかと違ってポップである。等身大の現代青年から見た戦争感というのも、こんな描き方をされると、日本人ではないが、アメリカにもある種の平和呆けの兆候なのかと思ってしまう。しかし、この作品から発せられ、同時に筆者が受けるメッセージというのは、それまでの戦争と違って、何と「大意の無い戦争」なのだと思ってしまう。合衆国自体もなんのために戦ったのかが分っていない戦争なのだったのではないかと、こういう小隊をクローズアップしたものにはそう思ってしまう。ただ、主人公は「海兵隊にしか居場所がない」節の台詞を吐くが、そういう意味では「愛と青春の旅立ち」の主役と同じである。戦争の是非を問う前に、そういう社会というのも問題である。余計な想像であるが、もしわが国に「徴兵制」があったとしたら、ニートはもっと減るのだろうかと、そんなことを考えてしまうほど、等身大の現代青年をクローズアップした作品だ。但し、「大意の無い戦争」であったかどうかとは別に、作品自体も何を訴求したかったのかが呆けてしまった出来上がりになってしまった。確かに中盤までのエキスパートになって行くまでの過程は見応えがあったものの、中盤以降は、時系列としてこの戦争の決着を知っているだけに、何とも拍子抜けしてしまったのも事実。

一方で俳優陣はなかなか見応えがあった。特に、ジェイミー・フォックス、クリス・クーパー、それに、ピーター・サースガード(この人は「フライトプラン」ではそう思わなかったが、この作品では若い頃のキファー・サザーランド、特に「ア・フュー・グッドメン」の役柄に似ている)の3人は良い演技をしていた。もともとこのDVDは、「ブロークバック・マウンテン」「ブラザーズ・グリム」その他数枚と一緒に買った、つまりはジェイク・ギレンホール繋がりである(グリムはヒース繋がり)のだが、ジェイクの演技はこの作品の方が好き。というか、これだけの俳優を配していて、この展開というのは、本当は湾岸戦争のコメディだったのではと勘違いしてしまう。いやいや強ちそうともいえない台詞も沢山あったし、そう思うと興味深い内容だということが、公開時には分らなかった今の感想である。やはりDVDはいつでも再生できてしまうから、こういう鑑賞はいけないよねぇ~。

そういえば、前出のピーター・サースガードはジェイクの姉、マギー・ギレンホールと交際しているらしいのだが・・・。良くわからないので早々に「ワールド・トレード・センター」を観にいかなくては・・・。


公式サイト


allcinema ONLINEの作品ページ
goo映画の作品ページ


よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング

ついでながら姉妹ブログへもどうぞ
「情報過多で悩むあなたに」
「東京の原景を探して」
[PR]
by turtoone | 2006-10-01 22:41 | 映画(さ行)