暫く療養と入院、更に手術をしまして映画ブログは更新を怠っておりました。作品は鑑賞してますので、徐々に復帰させていただきます。今後共、よろしくおねがいします。


by turtoone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

フライトプラン

b0046687_125362.jpg

予告編効果の高い作品だった。実は、公開週に観賞したのだが、然程インパクトが無かったのと、アフターワークで睡魔との戦いだったので、きちんと評価出来ないと思ったのでレビューを書いていなかったのだが、少し時間があったので記事を挙げておこうと思った。予告だけで鑑賞してしまう作品は多く、これもそのひとつだが、予告編が大事だなぁと思うのは、正直、邦画などで予告編だけで「見たい」思った作品は数少ないのに(昨年は「星になった少年」くらい・・・?)ハリウッドは、ついつい騙されるのである。「フォーガットン」、「アイランド」などと同じで、この作品もそうであった。

但し、残念ながら予告編から想定できる様なもの凄い展開はない。ネタバレするのも早く、仕掛けが分かってからは興醒め(というか、わざとらしい引っ張りがあったりするので、展開も悪くなった)し、逆の意味での予告編効果から、次の展開が安易に想定できる。まさかここまで狙ってはいないだろうから、作品の内容に比べ、予告編で色々見せ過ぎた観もある。もっと裏があると思いきや、そうでもないので正直満足感が少ないのかも知れない。

しかしながら、映画というのは、物語だけでなく、他にも見るべき物も結構あって、この作品においてはまずは美術。飛行機のセットは感動モノである。又、こんなセット空間の中で、力一杯演技をしてくれた、乗客エキストラ(邦画やテレビ番組でいうエキストラとは違い、ハリウッドのレベルは、一人一人がステイタスの高い役者である)の面々。セットと演技の相俟った素晴らしい「仕事」である。正直、これらのシーンの撮影は大変だったと思うと、物語の展開より、そちらを結構くまなく見ることができたので良かったのかもしれないと納得している。

演技のことでいえば、ジョデイ・フォスターであろう。彼女の渾身の演技も凄かった。「母親」である。ここのところ映画鑑賞という土壌では、父親役に感動することが多かったが、この「強い母親」は良かった。「母」とは元来強いものである。原始女性は太陽であったとかなかったとかでなく、子供の愛し方も心で応対する男親にくらべ、女親は子宮で応対する。だから母の愛は無条件である。だが、その無条件な愛を映像描写できた作品はそんなに多くない。そういう意味では。このジョディ・フォスターは「凄かった・・・」。但し、ジョデイに関して言えば、作品に恵まれているとはいえない。「ハンニバル」を蹴って「パニックルーム」に出て以来、作品には恵まれていないといえよう。「ロング・エンゲージメント」のチョイ役は良かったが…。しかし、筆者は今でも彼女がミスアメリカであることを信じて疑わない。例えば、今後の彼女の役どころであるが、初の女性米大統領候補役(残念ながらまだフィクション)とか、アメリカでなければ、イギリスのサッチャー首相とか、ここのところ、リベリアやチリでも初の女性大統領が選出されている。そう、ジョデイには女性大統領役が似合うのではないか?

正直途中で不覚にも居眠り(妖怪大戦争以来、作品に陳謝)。そのときに良い場面を見逃したかなぁ?


公式サイト


allcinema ONLINEの作品ページ
goo映画の作品ページ


よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング
[PR]
by turtoone | 2006-02-05 12:58 | 映画(は行)