暫く療養と入院、更に手術をしまして映画ブログは更新を怠っておりました。作品は鑑賞してますので、徐々に復帰させていただきます。今後共、よろしくおねがいします。


by turtoone
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブリジット・ジョーンズの日記 ~My Collection~

b0046687_21175779.jpg最近の映画界は稀に見る「続編ブーム」である。以前からも、例えば、007シリーズから始まり、「ゴッドファーザー」、「スター・ウォーズ」、「ロッキー」、「スーパーマン」、「バットマン」、「インディージョーンズ」、「バック・トゥー・ザ・フューチャー」、「エイリアン」と挙げれば限が無いが、やはり一発目が当ると、二匹目、三匹目のドジョウを狙うのか、イケイケで次々作るようだ。しかし、一方で、これに大きな火をつけたのは、ある意味で「L.O.T.R」の影響だと思う。シュレックもそうだったが、普通こういう続編が作られるのは第一作が大ヒットして、二作目以降は、第一作めの印象が強過ぎて、コケルことが多いが、これらは、一作目を超えるクオリティや興行成績を残して来た。そんな「続編」ぽくないところが受け入れられているのかもしれない。

しかし、また一方で、なんで続編が作られるんだっていう作品も多い。こういうタイプは、折角良かった一作目も、続編を作ることで台無しにしてしまうのである。「オーシャンズ」の様に評価が分かれる物もある。例えば、「コクーン」なんて作品は、大変良かったのだが、続編で台無しにして、良かった最初の作品にも影響した。「チャーリーズエンジェル」も、テレビ版の印象が強いから、最初の作品は目先が変わってよかったが、これも続編でダメにした。

ここ十年くらいの中では、続編の噂があって、「止めて懸命だった」作品群もある。例えば、「バック・ドラフト」、「ソード・フィッシュ」等は、噂もあり、続編が作れる展開は幾らでもあつたが、絶対にやめにしておいて正解である。今年は、また特に多く、この表題の続編以外にも既に、「ポーン・スプレマシー」、「プリティ・プリンセス2」が公開され、この後も「ミート・ザ・フォッカーズ」、「デンジャラス・ビューティー2」、「MASK2」、「パイレーツ・カリビアン2」と目白押しである。

「ブリジットジョーンズの日記」も、そうである。今更、続編で何をやろうというのか、筆者には全く想像もつかないし、余りみたいとも思わない。それよりも、太ったり、痩せたりして体に負担がかかってしまうのではないかと、レニーの方が心配だ。この一作目は中々の内容だった。予想よりも良かったと思っている。特に、レニーだけでなく、コリン・ファース、ヒュー・グラントの二人が織り成す、妙なトライアングルは単に、行き遅れた女性を描いているだけで無く、現代的でカオスな人間関係を見事に映し出しているといえる。この三人の関係だけで無く、ブリジットの両親の関係、マーク(ヒュー・グラント)の両親との関係などのそれぞれが、何れも、なにかの「現代の病巣」を抱えている、にも係わらず、世の中はきちんと機能しているっていう不思議が面白いのである。

こういう微妙なバランスの上になりたったドラマなのだからこそ、続編は、単にエピソードだけ追って、ストーリーだけが面白いからといって、この均衡を保てるわけではない。だからこの作品の続編には見る前から反対なのである。

そうはいっても、レニーの出演作だから、多分見に行くことになると思うが・・・。


allconema ONLINEのページ
goo映画の作品ページ

「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヶ月」の公式サイト


よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング
[PR]
by turtoone | 2005-03-07 22:07 | 映画(は行)