暫く療養と入院、更に手術をしまして映画ブログは更新を怠っておりました。作品は鑑賞してますので、徐々に復帰させていただきます。今後共、よろしくおねがいします。


by turtoone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ワルキューレ

b0046687_1724625.jpg


筆者にとっては「2008年期待度ランキング」以来長きに待たされた待望の鑑賞である。

ワルキューレ(直訳すると「戦死者を選ぶ者」の意)といえばワグナーである。が、ブラームス信者の筆者からは、実はクラシックでは一番遠くにいる存在だ。リヒャルト・ワグナーについてはいずれ音楽ブログに書くとして、そんな遠くのワグナーだが、無論この名曲は知っているし、レコードもDVDもある(CDはない)。楽劇「ニーベルングの指環」の第一夜「ワルキューレ」は、4部作の中でし最も人気が高く、単独上演回数も多い(なんといってもそれぞれが4時間程度の作品なのだから・・・)。ワグナーはリストと並び標題音楽の祖とも言える逸材であるが、何しろ構想は壮大で、且つ、音楽だけでなくあらゆる才能に長けていた人だから(音楽家としてだけの括りでは難しい人だ)、この楽劇も、一度や二度見ただけでは内容は兎も角も、ワグナー自身が何を希求し、何を主張したかったのかということは明確に分からない。ただ、名曲「ワルキューレの騎行の動機」の旋律は、悪戯に戦いを増幅させる象徴にも取られかねない。筆者はワグナーという人は音楽以上に文芸に精通していて、だから音楽だけでは自分の世界を描写できなかったのだと思うし、これは、音楽の範疇を越えていると考える側面と、逆に同時期の他の音楽家と比べると音楽的表現力が不足していたという両面が考察できる。筆者は冒頭で書いたように、ブラームス派だからこの理屈で言えば後者を支持する。

ワルキューレ作戦は、多くのヒトラー暗殺計画のひとつとして認知しているが、国家という概念をしっかり堅持するように教育されていない筆者の年代には、愛国とか憂国とかいう感覚は全く分からないし、敗戦国で有りながら日米安保の傘に庇護された身に取ってはせいぜい戦前の教育勅語は均整の取れた美しい文体だと思う程度が精一杯である。日本にも愛国の精神の元にクーデターが頻発した時代があったが、その多くは世論というものではなく、見解の相違から発している言わば退廃的な結果をもたらすに留まった物ばかりである。国家一千年の大計なんて人ひとりで為し遂げられ物ではないが、かといって大志を抱けない(というか日本人を骨抜きにして抱かせなくしてしまったGHQ政策とその後の幼少年教育)というのも悲しい現実である。だが、この作品では短時間の中に、主人公であるシュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)の堅持している国家像を見事に描きあげている。その効果は、誰もがわかっている結末(事実の物語というエクスキューズを冒頭に入れて鑑賞者に念を押している)であっても実はとか、本当はどうだったとか、新しい文献が出て、ドイツ国史が再構築されたのではないかと錯覚させるほどである。そして、トム・クルーズを筆頭に、個性的な役者を適役に配して、それぞれの国家観というものがあったに違いないが、それをひとりひとり細かく演出するのではなく、シュタウフェンベルク大佐の国家観なよるところの作戦であることが強調された点は、地味で、作品が単調になったという批判もあるが、作品の骨格をぶらさなかったという点で高く評価できる(とかくこういう作品には、色々な人間の価値観を表現してしまうものだ)。だからこそ、レコードを聴いて作戦を思いついたり、重要なのは独裁者の暗殺後ではなくその後の体制樹立だと言って国家の面子を守ろうとする他の人間と一線を画し、根本は政府は国民のためにあるという主張を貫いている。この作品を高く評価するのは、そういう脚本や構成の部分であり、単に作品が単調だと思う輩は映画作品の本質を理解していないのである。

前述したが、そういう意味でも演技は素晴らしく、トムは勿論のこと、ケネス・ブレナー、ビル・ナイ、テレンス・スタンプ、エディ・イザード、トーマス・クレッチマン等が、素晴らしい「脇役」を演じていた。特に、カリス・ファン・ハウテンは「ブラック・ブック」に続き、この時代の女性を演じたら今や最高だと思う。余談であるが、大佐の家の子供たちは、幼くして「ニーンベルグの指環」を演じていた訳で、流石に欧州の中流家庭には家の中に文化があるのだと感心した。そして、トム・クルーズ主演にとっては本当に久々の秀作である。


公式サイト


allcinema ONLINEの作品ページ
goo映画の作品ページ


よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング


音楽のブログを立ち上げました。
こちらにもお立ち寄りください。
「音楽は語るなかれ」


ついでながら姉妹ブログへもどうぞ
時事問題のブログ 「情報過多で悩むあなたに」
下町探索記 「東京の原景を探して」
ただの日記「turtoone主義」
[PR]
by turtoone | 2009-03-22 17:08 | 映画(わ行)

マンマ・ミーア!

b0046687_14555676.jpg

少し前に鑑賞した作品で、レビューを書こうか迷っていたが、時間があったので残すことにした。但し、決して評価が高いからではない。

アバに関して、彼等がダンシングクイーンの全米No.1を含め、全世界で出す曲すべてが大ヒットし、一メロディーメーカーとしてでなく、スウェーデン文化の認知を世界中に拡販していた頃、確かに気になる存在ではあったものの、ひとりのアマチュアバンドマンとしての筆者は、悪戯に音楽というのはテクニックであるという大いなる勘違いをしていて、純粋に彼等の良さを受け入れる事ができなかった。年を経て、音楽的にも自分の原点であるクラシックに回帰した現在、改めて彼等の音楽性の高さに驚き、実感している。クラシック音楽は大衆性と芸術性に加え、学問としても高度な理論を兼ね備え且つ進化をし続けた。しかも現代に置いての認知も高い。今、ヒットチャートを賑わしている音楽が100年後に受け入れられるかどうかは全く以て確証はないが、バッハやモーツァルトは間違いなく聴かれている筈だ。

一方、現代のポピュラー・ミュージックが未来に残るかどうかは芸術か文化であるかだと思うのであるが、例えばビートルズは確かに芸術性の高い音楽である一方で、最高潮だったエンタメ性が重視され、それに比べると、現代でもヒットチャートで君臨できるかというと、そうは行かない。かと言ってクラシックの領域かというとそれこそ、そういう訳には行かない。だから本当のところ100年後はどうなっているのかは全く分からない。しかし、一方でアバは、スウェーデンの現代文化としての音楽を提唱し、流布したという位置づけができる。文化の担い手として北欧にいつまでも語り、そしてスタンダードとして歌い継がれるのがアバの音楽であろう。

さて、本作品は最初から期待をしていなかったし、その通りに何一つ上回るものもなかった。メリル・ストリープはミランダ・プリーストリーの方が適役だし、ましてや、歌うの?という疑問は、鑑賞語も「なぜ歌わせたの」と評価が変わることはなかったし、それは出演者の殆どに言えることであった。この作品はストーリー自体は別に悪くはないのだが、舞台を上回ることのできる内容をミュージカル作品では製作できない。何故なら、アバの音楽は、アバが歌うのが一番良いからであって、舞台ミュージカルという領域でならまだしも、総合芸術としての映画という土壌で、なぜアバの曲をアバ以外に人にわざわざ歌わせるかは全く疑問である。ようするに、この作品で一番良かったのは「予告編」であり、それはアバのオリジナルが全編に流れているからである。ミュージカル作品の一番安易で良くないパターン(そこそこのヒットで興行成績を稼げるから・・・)である。

この作品は「楽しい」かも知れない。でも、だったらアバのCDを聴いていれば良いと思うし、劇場鑑賞した作品の7~8割はDVDをコレクションするためAmazomに発注する筆者だが、これに関してはレコードしかなかったアバのCDで満足している。こういうミュージカル(ハリウッドはこんなのばっかりだが)は、もうそろそろ(そういい続けて早10年が経つ)おしまいにして欲しい。


公式サイト


allcinema ONLINEの作品ページ
goo映画の作品ページ


よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング


音楽のブログを立ち上げました。
こちらにもお立ち寄りください。
「音楽は語るなかれ」


ついでながら姉妹ブログへもどうぞ
時事問題のブログ 「情報過多で悩むあなたに」
下町探索記 「東京の原景を探して」
ただの日記「turtoone主義」
[PR]
by turtoone | 2009-03-19 23:00 | 映画(ま行)

チェンジリング

b0046687_0441461.jpg

「コリンズ事件」というのはお恥ずかしながら知らなかったが、「ゴードン・ノースコット事件」は、以前にアメリカの犯罪史の研究をしていた時に、どこかで出くわした事があった。但し、文献は英文だったし、内容に関しても「養鶏場を営むノースコットが連続殺人を犯し、死体を証拠隠滅のために生石灰で処分した」という当時としては異常性だけに着目し、この作品に描かれた、「クリスティン・コリンズに起きた悲劇」に関しては全く無視してしまったために、この事件を知らなかったのである。単位欲しさの適当やっつけレポートを書いた自分の過去を悔いた。今回、イーストウッドによって作品化されなかったら、近距離まで接近していたのに知らずに終わってしまうところだったから感謝だが、実際にこの作品を鑑賞して、ここに介在する大きなテーマを見落としていたことにも気づかされ、流石にイーストウッドだと関心した。

1928年という年代は、最近何かと色々取り沙汰される1929年世界恐慌の前年である。映画史でいうと、前年1927年には世界最初のトーキー映画「ジャズ・シンガー」が公開された。この作品では、クリスティンが中心でどうしても人間を中心に観てしまうが、ロサンゼルスの町並みといい、クリスティンその他出演人物の衣装といい、年代の再現は大変見事なものであり、まずはその点は高く評価したい。世界恐慌の引き金になる直前でも、アメリカという国に既に世界一だったことがこの作品を通しても良くわかるし、結果論で言えば(この作品にも出てくるが)その後のアメリカ経済の復活のスピードというのはものすごい速さであったのが分かる。そういう時代考証がしっかり出来ている作品というのは安心して鑑賞できると同時に、実は、イーストウッド作品というのは、余り今までにこういう部分を大事にしてこなかった観がある。勿論、人間の尊厳という観点をとても大事にしている監督だから、そのための心理描写や、キャスティングも上手く、人間を描くことには大変長けている監督であることは何度も述べた。そういう意味では今まで唯一この監督作品に欠如していた物が加わったのだから、中々重いテーマである一方で、見ごたえのある作品に仕上がっていた。

更に言えば、その監督の期待に見事にアンジーが応えたといえよう。「ベンジャミン・バトン」でブラピと共に、主演賞に揃ってノミネートされ(受賞ぱできなかったが)、しかし、ふたりとも演技力もさることながら、その存在感という部分では大いに監督の期待にも、また、観客の期待にも応えてくれたと思う。以前から思うのだが、やはりアンジーはアクションモノではなく、こういう人間の深層に至る部分を演じることに徹した方が良いと思う。アクションはアクションしかできない俳優に任せて、こういう役を沢山こなして早く、トップオブトップの女優になって欲しいものだと思う。また、所謂、サスペンス的に見える内容であり、妙な期待や結末を予測させる展開もあるがも、実は軸は一本しっかりしていて、揺れやブレが殆ど無い。それどころか、この作品を脚色している様々な要因、前述の時代考証や美術に加えて、特に出演人物がそれぞれに存分に存在感を発揮していて、アンジーだけでなく、牧師のジョン・マルコビッチ、警部のジェフリー・ドノヴァン、ノースコット役のコルム・フィオールといい、それぞれが完成度の高いパフォーマンスを示したことは特筆すべき点である。欲を言えば、カメラワークがこれらの水準に無かったのかも知れないが、「羊たちの沈黙」の様に、カメラによる面白さを追求している作品ではないから、この点はこれ良いのかもしれない。筆者はすぐ余計な「欲」を作品に出してしまうからいけないと反省する。

法廷シーンも久々に良かった。特にふたつの裁判(というか一方は公聴会)が同時進行しているリアルさは事実がそうだったかもしれないがスクリーンでのシンクロは見事だった。ただ、その勢いで調子に乗りすぎた絞首刑シーンは不要だった。あそこでエモーショナル・ラインが途切れたことは事実で、その後にあのシーンを持ってくるのだから全く不要といっていい。細かい部分で注文をつけたくなるほど、全体に骨太作品だったから本当に惜しいと思う。

ただ、「割礼」はどうなのだろうか。習慣があるのはイスラム教徒とユダヤ人。どうみてもイスラムではないから、これも事実だとしても、ヤケに強調しすぎは作品が終わってからも気になった。


公式サイト


allcinema ONLINEの作品ページ
goo映画の作品ページ


よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング


音楽のブログを立ち上げました。
こちらにもお立ち寄りください。
「音楽は語るなかれ」


ついでながら姉妹ブログへもどうぞ
時事問題のブログ 「情報過多で悩むあなたに」
下町探索記 「東京の原景を探して」
ただの日記「turtoone主義」
[PR]
by turtoone | 2009-03-08 00:47 | 映画(た行)