暫く療養と入院、更に手術をしまして映画ブログは更新を怠っておりました。作品は鑑賞してますので、徐々に復帰させていただきます。今後共、よろしくおねがいします。


by turtoone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ディファイアンス

b0046687_13455254.jpg

第二次世界大戦ナチス独裁によるドイツの侵攻を描いた作品に関しては、以前に「戦場のピアニスト」の至って短いレビューで書いた様に、同じ様なテーマなら「シンドラーのリスト」で最後にして欲しいと懇願した。「シンドラー~」は筆者の最高得点映画であり、後にも先にもこの作品を越えるものは筆者の中では出てこないと思うが、しかし、予告に「シンドラー」とか言われると本当かいなと観に行ってしまうところも筆者の弱い部分である。しかし、現に、「シンドラー」以降も、ドイツ国が自ら先の大戦の反省の上に製作した「ヒトラー 最期の12日間」や、別の側面からナチスドイツを描いた「ブラックブック」「善き人のためりソナタ」などの秀作が続いたので、しからばと、この作品も鑑賞優先順位が高かった。しかし、この作品、予告の「シンドラーはもう一人いた」(もっとシンドラーのような人は沢山いた、日本人にも居たという突っ込みは敢えてやめたが)は却って失敗で、シンドラーとは全く違うユダヤの生きる道を探した人(というか兄弟)であった。この作品、観方によっては大変填まるし、良い作品だとは思うが、兎に角「シンドラー」を期待したら全く裏切られる作品だ。

かくいう筆者も予告に惑わされ「シンドラー」を期待していたから、最初の30分で裏切られたが、幸い136分という少し長めの作品だったので建て直しの鑑賞が出来た。この作品の根底にあるものは、寧ろ「麦の穂をゆらす風」に近い。一番の見所は戦時下の生き方もあるが、両親を殺されたビエルスキ4兄弟の強靭な絆である。特に、リーダーとして色々な側面で悩む長兄のトゥビア(ダニエル・クレイグ)と事あることに意見が合わず別の道を歩む次男ズシュ。このふたりの兄を冷静に観察し、日一日と力強く逞しくなっていくアザエル。そしてまだ幼いが兄弟の血は争えず、悲しみの絶頂からいち早く立ち直り3人の兄を誇りに思うアローン。物語はこの4兄弟のそれぞれの葛藤を軸に置いて観た方がこの作品に限っては面白い。言い方は悪いが、戦争版「若草物語」である。なぜならそれ以外の部分は、ベラルーシの森で隠匿生活を続けていたという「新発見」だけで、過去の様々な映画作品で描かれてきた(しかももっとずっと鮮烈に・・・)ことの焼き直しでしかないからだ。ソ連軍の対応に関しても、最終的にはああなるだろうという予測が最初からついてしまうし、序盤は、結局自分たちが生きるためには殺戮も略奪も何でもやっていいんだという戦禍における狂った人間性を露呈しているだけで、途中から、ベラルーシの森での共同生活を始めるものの、序盤からの展開からとはギャップがありすぎて、結局はその他大勢の流言蜚語に繋がるようなリーダーの動向というのは致し方なかったと思う。しかし、一方で、薬が必要な時に、生命も立場も省みず協力をする次兄、大移動でリーダー不在の際、長兄に変わって大英断を下す三男、ドイツ軍の襲撃情報を手に入れる四男などが、「兄弟」という絆の括りで、この大集団を引き連れるというところは、もしこれが事実より誇大な表現であったとしても、この作品の主題であり、過去に製作されたナチス関連作品とは一線を画する価値のある部分である。

物語や、その背景よりも、戦禍に生きた兄弟の絆と、もうひとつ映画作品の興味としては、俳優陣に魅力があった。次兄のリーヴ・シュレーバーは、どうも「ニューヨークの恋人」の印象が強いが、リメーク版「オーメン」でも好演していたし、今回の役柄は今までで最高だったし、ジェイミー・ベルは「リトル・ダンサー」(最近では「ジャンパー」にも出ていたが)の印象が強かったが、今作品で十分、大人の俳優の仲間入りをした。女優陣ではリルカを演じたアレクサ・ダヴァロスが素敵。その他、アラン・コーデュナー、マーク・フォイアスタンの存在感が山椒の如くビリリと利いていて良かった。そもそもの狙いとは違ったのかも知れないが色々な発見のある作品だったが、シンドラーの名は使って欲しくなかった。


公式サイト


allcinema ONLINEの作品ページ
goo映画の作品ページ


よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング


音楽のブログを立ち上げました。
こちらにもお立ち寄りください。
「音楽は語るなかれ」


ついでながら姉妹ブログへもどうぞ
時事問題のブログ 「情報過多で悩むあなたに」
下町探索記 「東京の原景を探して」
ただの日記「turtoone主義」
[PR]
by turtoone | 2009-02-15 13:52 | 映画(た行)

少年メリケンサック

b0046687_22334143.jpg

クドカンと筆者は余り相性が良くなく、それは多分、最初の出会いが村上龍作品の映画化「69」だからだったと思う。この作品は、村上の「限りなく透明に近いブルー」と並ぶ自伝的な作品で、でも1969年佐世保の話だから、あの時代に生きていなくて、肌で1969年を感じていないクドカンには無理な作品化であった。大体からして村上作品の映画化というのはすべて原作が原作だけに掴み所や、中心に置く主題や、プロットの組立が難しい。現実に、村上作品の映画化で成功したものは何一つないし、「コインロッカー・ベイビーズ」、「テニスボーイの憂鬱」なんていう秀作は映画化すらしていない。余談だが「コインロッカーベイビーズ」が映画化されたら主要3人は誰が演じるのだろうか? 数年前にハリウッドで映画化の話があったが、いずこへ?。日本に彼らを演じられる俳優など全く思い浮かばないが、ハシとキクは無理にしてもアネモネは最近では香里奈とかなら筆者のイメージとしては出来そうだが・・・。おっと話が逸れたが、それ以来ちょっとクドカンからは惹いていたのだが、この作品のコンセプトは気に入った。なんといってもパンクロックといったら、隆盛期を良く知っているからこのクドカンの思いが理解できる一人だと思う。クドカンの思いよりも、レコード会社社長ユースケの思いというのであろうか。

パンクロックというのは、筆者の認識ではグラムロックの枝分かれから始まっている。ニューヨークのアングラミュージシャンの中から1960年代にはその原型が誕生していたが、やはり象徴的なのはヴェルベット・アンダーグラウンドとイギー・ポップだと思う。そして本格的に商業ベースに乗ってくるのは、1970年代になったからで、中でも、やはりラモーンズの登場が衝撃的だった。しかし、その後ロンドンのパンクロックシーンが世界を席捲し、中でも、音楽性の高いストラングラーズ、強いメッセージを持ったクラッシュ、兎に角過激なセックス・ピストルズが、筆者の認識する「御三家」である。クラッシュは後発だったが、後々のバンドに与えた影響き大きく、その流れとしてザ・ジャムなどは国民的スターダムにのし上がった。また、この頃になるとパンクロックの領域が随分広くなり(というか、音楽シーンに広く認知されたと言ってよい)、あのポリスですらもデビュー時はパンクロックという位置づけをされた。

おっと音楽の話をしだすと止まらないから困る。それで、この映画作品だが、上記の様なパンクへの思いがクドカンと筆者の考え方や、距離の置き方等のスタンスが非常に良く似ているので、結果、この作品には「填まって」しまって、ポップコーンを殆ど口にせず映画に集中してしまった。色々な出演者がいたが、そんなの誰が誰だかどうでも良いと思ったほど、ストーリーに没頭してしまった作品は珍しい。音楽物を見るときは要注意だ。なぜ今パンクなのかということに関して言えば、それは「20世紀少年」ケンヂのなぜ今グラムなのかということに等しいと思う。上記パンクロック歴の続きになるが、90年代にニルヴァーナ、そして近年はグリーンディがグラミーも獲得した。最早、このジャンルはパンクという特異なものでなく、ロック音楽のひとつとして立派に定義付けされたことに等しいが、だからこそ、本当のパンクってなんだったのだろうっていう原点はこの作品にもあるように、スリーコード中心の音を出したいという衝動が全てなのであって、そのバンドの代表としての「メリケンサック」を宮崎あおいというヒロインを通して遠巻きに観ているコンセプトが至極共感できる。

軽自動バンでのドサ回りだったり、「ニューヨークマラソン」、「さくらら」、「アンドロメダおまえ」、「僕らのネバーマインド号」など、音楽はすべて笑える。特にニューヨークマラソンのオチは最高。それからやたらとシド・ヴィシャスを意識している台詞や映像があって、メリケンサックが尊敬しているのはピストルズなのかもしれない。そういえば、シドは生きていれば50歳の筈だから。こういう邦画は最高だ。


公式サイト

allcinema ONLINEの作品ページ
goo映画の作品ページ


よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング


音楽のブログを立ち上げました。
こちらにもお立ち寄りください。
「音楽は語るなかれ」


ついでながら姉妹ブログへもどうぞ
時事問題のブログ 「情報過多で悩むあなたに」
下町探索記 「東京の原景を探して」
ただの日記「turtoone主義」
[PR]
by turtoone | 2009-02-14 22:36 | 映画(さ行)

チェ 39歳 別れの手紙

b0046687_185897.jpg

第1部「チェ 28歳の革命」のレビューでの懸念が、筆者に取ってはそのまま反映した鑑賞になった。なぜ、今、この時期にゲバラなのか。そもそも1本の作品を2分割することによって得られる効果はあるのか。ゲバラが革命を通して生涯残したたかった事を作品で表現できたのか。総括してこの3つの疑問に対し、やはり、作品を2分割してしまったことは大いなる間違いであったし、作品としてのゲバラの探求も十分出来ていたにも関わらず、これも2部構成にしたためにエモーショナルラインを途中で遮断されたしまったことで、第2部はリスクの大きなスタートになった。それが証拠に、この作品の冒頭部分は、まだ第1部の名残が残っていたために(本編から興行用にどの場所で切るかは大変難しかったと思うが、ここに前編の余韻を残したはじまりは大変良かったと思う・・・)、作品の期待感が増したが、物語が進むに連れ、残念ながらその期待度が徐々に低下し、結局、途中からはひとつひとつの発言に関しても、前編の何処に相関しているのだろうという戸惑いが生じて、中々困難な鑑賞となってしまった。4時間30分を越えても、これが1本の作品であったら、こんなことは無かったと思うと大変残念である。

但し、全く別の見方も出来るのであって、つまりは、前編が存在しなかったという前提だ。実は、奇才ソダーバークなのだから、興行に当たってはその辺りを狙ったとも思える。何しろ、主人公が有名人であるからにして、所謂、キューバ革命の一般論的な作品を作っても面白く無い訳だ(と、思う)。現に、ゲバラの代表作として「モーターサイクル・ダイアリーズ」は、「まだカストロに出会う前のゲバラ青春の回想」という様なサブタイトルで、今まで余り語られなかったゲバラの青春時代を見事に描写・作品化し、関係各位の注目と高い評価を受けている。勿論、筆者もこの作品は大好きだ。青春があるのだとしたら、当然、後日談もあるわけで、つまりはもソダーバーグが本当に作りたかったのは、こっちの作品なんじゃないかという作品手法を随所に感じたことも事実である。前作はやたらと回想シーンが多かったし、プロットの組み立ても、最初は中々掴めなかった。しかし、本作品は所謂我々が歴史として知っているゲバラの要素をなるべく取り除き、彼が本当に求めたものは何かの「映画作品」としての追求を行い、その組立としてこの作品を作り上げたという言い方が出来る。そう考えると逆に静かな作品で、起伏も少ないが、只管平和を願った一人の男の終末を見事に描いているのである。

つまりは、4時間30分通してで見た時と、前編・後編を分けた場合ではそれぞれ評価が変わってしまうという面白い作品で、特に後編に関しては、前編を見た場合の評価と、前編が無かった場合との評価も違ってくる。ああ、なんというか、ソダーバーグらしいというか、彼はひとつの作品で、ひとつの主張をしたのではなく、我々に色々な物を問いかけて来たということが言える。だが、それも、この、エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナという極めて稀な人物を扱ったからこそ出来る離れ業であり、評価の高低とは別に、映画史上に残る作品であることは事実である。

全編を通して、デルトロの演技も良かった。喘息で苦しむシーンは実際には然程なかったものの、彼の(演技としての)表情には、常に、喘息で悩む主人公の姿を見てとれた。そして、エンドロールの試みは館内が長いこと静まり、離籍する人も少ない中スクリーンだけが淡々と流れていた。筆者も色々な思いが交錯して席を離れられなかった一人であるが、死亡時に遺体を公開されたり、更に30年後には墓を発掘され遺骨の公開と、死後2度もその姿を公開されるという非情な仕打ちを受けた革命の英雄に対し、何も関係の無い筆者ではあるが、彼への鎮魂の念と、自身は何が出来るのかという問いかけの時間を与えてくれたのだと、このエンドロールの趣向には感謝している。


公式サイト


allcinema ONLINEの作品ページ
goo映画の作品ページ



よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング


音楽のブログを立ち上げました。
こちらにもお立ち寄りください。
「音楽は語るなかれ」


ついでながら姉妹ブログへもどうぞ
時事問題のブログ 「情報過多で悩むあなたに」
下町探索記 「東京の原景を探して」
ただの日記「turtoone主義」
[PR]
by turtoone | 2009-02-11 19:21 | 映画(た行)
b0046687_2334246.jpg

ブラッド・ピット的に考えると、筆者の評価が最も高い作品は「ジョーブラックをよろしく」である。この作品が評価が高い理由はレビューを読んで頂きたいのであるが、ひとつには時間の取り方である。この作品は物凄くゆっくりと(確かに上映時間も180分と長いが・・・)、流れているが、それはブラピが演じる死神の時間軸であり、同時に一財を為すために仕事一途で人生を駆け抜けてきた男(アンソニー・ホプキンス)の人生最後の時間を丁寧に描いているからである。この「ベンジャミン~」の作品化を知った際に最初に脳裏に浮かんだのが筆者にとってジョー・ブラックだったのは、多分、この時間軸の取り方というものに同じブラピの主演作品という共通項から勝手に連想したのだと思う。所謂、筆者の一番良くない「先入観」であり、だから、期待度ランキングも第1位であった。同時に物語以外に求めたものも多く、しかしその中には、筆者の予想だにしない展開もあり、良い意味で裏切られたのは大きい。一番評価の難しい作品であることは事実で、逆に筆者にこの作品を評価するのは、「人生を逆に生きたことがない」から不可能だという言い逃れも出来るかもしれない。いずれにしても映像等の技術点など明確に評価できるという物と、人生を逆に生きるという作品のコンセプトのように評価をしにくいものが混在しているのも事実。やはり、これは、ジョーブラックのような存在に評点してもらうのしか無いと思う。

原作は読んだことがないから分からないが、物語の発想として80歳の人間が0歳児の脳細胞を持っているという設定は、ブラピ曰くの「演じるのも難しい」が、作品として考えた方も、随分面倒臭い設定にしたなと、年代が変わるたびにそう思った。しかしその一方で、映像的に若くなっていく姿というのに殆ど違和感を感じなかった点は、ブラッド・ピットという「ブランド」である。このブラッド・ピットの最近の姿を知っているということ、「セブン」の若かりし頃を知っているということ、更には「テルマ&ルイーズ」や「リバー・ラン・スルー・イット」の初々しい時代を鑑賞者の殆どが「認知している」ということが、逆効果としてこの若返りの過程を大変興味深く追っていかれるという点にある。そこにはひとつ、「人は年老いた自分を想像することは好きではないが、若かりし自分を振り返ることは好きである」という人間共通の法則が存在している。若かりし頃の自分を振り返る、あの頃は良かったという過去の栄光に縋ってしまうのが大部分の人間であり、だからこそ、この作品の主人公が若返ることと、ブラピという映画界の超ブランドが本来の姿に近づいていくさまをスクリーンに凝視してしまうという効果が大きかったと思う。また、同時に、その若返るベンジャミンの半生に付き合った物語を語るのが死の直前にある老婆という全体構成も、この人も同列で自分の過去を顧みるという姿が悲しみを呼ぶ一方で、最終的にベンジャミンがどうなるのか(ドンデン返しということでなく、最後を看取ったのかどうか)という結末への期待が、シーンが変わる度に増して来るところも場面設定の勝利だと思う。

そして、もうひとつ、これは人間の永遠のテーマであるかもしれない「一瞬」。日本的に言い換えれば「無常」である。人間には「確実に約束」されたものは何もない。しかし、生のあるものに死は必ずやってくる。そして、その一瞬を大事にすること、日本人精神で言えば「一期一会」である。これが美しいのだと言っている。更に、それだけでなく、ベンジャミンは「老」から始まった。ここがポイントで「老」から始まっているが「死」から始まった訳では無い。そこに、時計の逆戻しやハチドリというサブテーマが隠喩として相関しているという奥の深い脚本になっている。原作、脚本もさることながら視覚効果はそれらを見事にサポートとし、この作品をより素晴らしいものにした。筆者は視覚効果がひとつの売りであろうこの作品を単なるその興味だけに埋没させずに、原作に潜む人間観というテーマを補佐することに徹底した点で、この効果を高く評価する。老から始まろうが一生は一生で、くどい様だが、赤子の姿になって老人の病気に罹る。この辺りは鑑賞者の半数くらいは「もういいよ」という違和感を示すかもしれないが、中々どうして主張が最後まで一環していて良かったと思う。

総じてとても良い作品であった。出演者も皆良かった。ただ、父親に関してのベンジャミンの態度が、この作品考証の中で唯一違っていたのが気になった。わざとそうしたのか、それとも単に、一人間として許せなかったのか? 後々父親の財産で暮らしていた彼の生涯を考えると解せない疑問が残った。


公式サイト


allcinema ONLINEの作品ページ
goo映画の作品ページ


よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング


音楽のブログを立ち上げました。
こちらにもお立ち寄りください。
「音楽は語るなかれ」


ついでながら姉妹ブログへもどうぞ
時事問題のブログ 「情報過多で悩むあなたに」
下町探索記 「東京の原景を探して」
ただの日記「turtoone主義」
[PR]
by turtoone | 2009-02-10 23:42 | 映画(は行)
b0046687_18521926.jpg

「20世紀少年 第1章」から僅か5ヶ月の続編の速さには驚いたが、今回の番宣は異常な程の力の入れようだったと思う。そして、第1章のレビューではこの3部構成の製作化に気合の入った試みだと高い評価を下したが、残念ながらこの2作目を観たところでは、試みは立派だったが、結局実績が伴わなかったという評価である。

筆者はこの3部作映画作品が完結するまで、原作は読まないと誓ったのには沢山の興味があったからである。その大きな理由のひとつは、この時代背景てであり、更にこの時代に略同世代で生きた「少年」を描いているからである。要するに「20世紀少年」というタイトル通り、日本で20世紀の少年を一番象徴できる世代はどこかというと、この60年代安保前後に誕生している世代である。この世代は未就学児のときに東京五輪が行われ、小学校高学年でアポロの月着陸をテレビで視聴し、そのお土産だった月の石を大阪万博で観る。松下館が考案したタイムカプセルを模写して、卒業記念に学校の片隅に穴を掘って思い出の品々を持ち寄り埋めた。また、秘密基地の好きな世代だったし、未来予測に対してものすごく前向きな世代だった。「よげんの書」の様なものは、クラスで1人は必ず書いていた。(そういう筆者も書いていたが、ミッションスクールだったので、どうも新約聖書の黙示録がダブル・・・)。よげんの書でなくても未来都市構想というのを殆どの人が持っていて、夏休みの自由研究は毎年、数人が「未来都市」を作って2月期に提出したと記憶している。卒業制作で作ったクラスもあった。だから、この世代の少年時代はまさに「20世紀少年」の名に相応しいし、第1章ではその背景が良く描かれていたのである。

原作は良く分からないが、多分、「20世紀少年時代」が可也フラッシュバックで沢山登場すると思うのだが、今作品の大きな失敗は、「ともだちランド」と「記念館」にあった。こういうストーリーが原作に有る無しでなく、この作品でここまで大きく描く内容であったかは疑問が多く、別段、ここをクローズアップしなくても、理科室やサダキヨの話はどうにでも結び付けられる。というのは、トモダチは今や、一宗教教祖ではなく、世界から尊敬されているという設定に、あの思いっきり洗脳されたトモダチランドのスタッフ(特に小池の顔は異常だ、本当に洗脳されているのではと過剰演出だ)は、この後の展開との乖離を著しくするものにほかならないからである。そして、別に基督教徒でなくても、キリストを知っている人であれば、意図も簡単に、「神になる」の意味の謎(というレベルの物ではないが)が解けてしまうのである。この点は非常に残念だった。

また、主役が唐沢からトヨエツではなく、かんなを中心に描いたのも、平が悪いというわけではないが、彼女には力量不足で、寧ろ小泉響子の方が登場人物的に魅力があった点も残念な点である。とって付けた様な「しんよげんの書」の出現も、作品の軸を何処に置いているのかを不鮮明にさせる(この点は第1部でも述べた、もし、わざとそうしているのだとしたら脚本ミスだった)要因である。結局は第3部への期待というのは「ともだちは誰なんだ」という事しか残らなくなったのも、この作品が第1部の良いところを残さず、数々の説明不足(例えば、藤木まで起用したチョーさんの孫ってあの程度? ホームレスから金持ちになった神、民友党党首とトモダチの関係)の上に余計な新たであるが陳腐なストーリーを乗っけたことにある。とても残念である。

当然であるが第3部にはケンヂが戻ってくる。そうでないと筆者は納得しない。第2部で裏切られたが8月29日が待ち遠しいことに変わりはない。


公式サイト


allcinema ONLINEの作品ページ
goo映画の作品ページ



よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング


音楽のブログを立ち上げました。
こちらにもお立ち寄りください。
「音楽は語るなかれ」


ついでながら姉妹ブログへもどうぞ
時事問題のブログ 「情報過多で悩むあなたに」
下町探索記 「東京の原景を探して」
ただの日記「turtoone主義」
[PR]
by turtoone | 2009-02-08 18:56 | 映画(な行)