「ほっ」と。キャンペーン

暫く療養と入院、更に手術をしまして映画ブログは更新を怠っておりました。作品は鑑賞してますので、徐々に復帰させていただきます。今後共、よろしくおねがいします。


by turtoone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

追悼、緒形拳

邦画のみならず、映画界の逸材が天寿をまっとうした。

b0046687_1524228.jpg筆者の中で、日本人俳優の中で最高の演技と役作りが出来る男優というのは、この緒形拳と高倉健しかいないと思う。緒形拳は、日本アカデミー賞においても、主演男優賞は、高倉健の4回に継ぐ、3回受賞している。これは確か三国連太郎と並んでいる筈だ。しかし、受賞作の中に「復讐するは我にあり」が入っていないが、これに関しては、第2回に「鬼畜」で受賞しており、2年連続になってしまうのを避けられ、結果「衝動殺人 息子よ」の若山富三郎が受賞したが、後年、高倉健が2年連続受賞したこともあり、この第3回のミスジャッジは、数ある日本アカデミー賞(尤もオスカーの名前を拝借しているだけで、この賞の権威、及び選考過程やそのレベルの低さ、退廃さにはなんの魅力も効力も感じないが・・・まだ、ブルーリボンの方が進歩的でましかな?)の首を傾げる選定の中でも可也重要な部分だ(今年が一番ひどかったのは言うまでもないが)。邦画が良くならないのは、こういう賞を選考する人たちが一番遅れていることであると確信する。映画ファンブログの批評の方がずっと質も高い。多分、自分でお金を払って映画鑑賞しているから当然だとも思うが。

緒形拳が銀幕を賑わしてた時代が、筆者も一番邦画を沢山みていたのだと思う。なかでも「楢山節考」、「復讐するは我にあり」、「鬼畜」、「火宅の人」、「北斎漫画」、「女衒」、「魚影の群れ」、「社葬」、「おろしや国酔夢譚」と作品を上げれば限がない。そして、これらの作品に敢えて順位をつけるのは難しいが、筆者の採点によると、Aランクにある「楢山節考」、「復讐するは我にあり」、「鬼畜」、「火宅の人」の順になるであろうか。この4作品は筆者の採点でもA作品に入っており邦画で4作品ひとりの俳優の作品が入っているというケースは他にない。採点云々を越えた凄い存在だったことは事実である。また同時に彼は、大河ドラマでも数々の印象的な役をこなしている。流石に「太閤記」、「源義経」は記憶にないが、「新平家物語」、「風と雲と虹と」、「黄金の日々」、「峠の群像」と、その後「太平記」以降の作品は準主役級となったが、印象的だったのはやはり大石内蔵助を演じた「峠の群像」、藤原純友も演じた「風と雲と虹と」、秀吉を演じた「黄金の日々」のベスト3である。そして、テレビといえば忘れてならないのが「必殺仕掛人」である。藤枝梅安シリーズは映画にもなり、藤田まこととの競演は結局スペシャル番組1回だけだったが、これも印象的なシリーズだった。更に、数々のテレビ番組ナレーションが全て良く、石坂浩二と並んで、俳優のナレーションは絶品であった。

緒形拳の功績は2枚目俳優でありながら、「性格俳優」というジャンルを日本で一番最初に確立した人である。いや、この言い方は正しくなく、彼の後には、彼に続く性格俳優が出ていないのも事実である。

緒形拳は日本映画界の至宝であった。このブログでは彼の出演作品を一度も取り上げたことがないが、追悼の意味も込めて、これから幾つか作品をきちんと見直してみようと思う。スパらしい作品を沢山残した緒形拳に改めて感謝と敬意を表する。



よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング


ついに、音楽のブログを立ち上げました。
まだ少ししか記事を書いていませんが・・・
「音楽は語るなかれ」


ついでながら姉妹ブログへもどうぞ
時事問題のブログ 「情報過多で悩むあなたに」
下町探索記 「東京の原景を探して」
ただの日記「turtoone主義」
[PR]
by turtoone | 2008-10-18 15:06 | 映画関連

容疑者χの献身

b0046687_23564051.jpg

今年度の期待度ランキングには出なかったが、実は密かに今年一番期待していた作品かもしれない。そもそも昨年のテレビ放映中から映画化を前提としていたコンセプトに感銘していたので、気合いの入れ具合にこちらも久々に民放のドラマとしては全部見た。フジでは「踊る大捜査線」などもテレビ、及び映画で大ヒットしたが、最初から映画化は明言していなかったからそれを考えると斬新なコンセプトと同時に(映画の側から見れば)もの凄く金をかけたプロモーションであり、テレビを利用しているということは、そのプロモーション費用の殆どは自腹ではなくスポンサードされているということ。取り組み自体が斬新だし、フジ報道機関としては有能な論説も少なく一流ではないが、こういうメディアという面では柔軟性も高く賢い。そして福山。何か他人の気がしないと言ったら、本人並びにファンの方々に怒られる(既に家族に顰蹙をかっている)が、彼のことはデビュー当時から良く知っている。カラオケでも良く熱唱させて頂いている。この辺りを総合すると実は陰の期待度ナンバー1だったりしている。

ところでこの作品は、現代版「罪と罰」である。また、意外でもあり、そして感心したのは、テレビと違い「映画版」。というか映画の作りに徹していたところである。単なる小細工でなく、スクリーンを細かく観ていると湯川博士で無くても鑑賞者にも謎が解ける展開と見せ方、つまりはテレビのようなあっと驚く科学現象を使って解くのではなく、然程仕掛けの規模も大掛かりにせず、2時間という時間を上手く使って人間ドラマを作り上げた。この感覚もとても斬新であった。特に湯川と石神の人間性を前面に出しつつ、かといってそれを対比させるのでなく、二人の人生観を丁寧に描いたところは好感が持てた。特に、筆者においては前述したように、テレビ版が結構毎回派手で度肝も抜くようなトリックを巧みに操っていたことから、それをそのまま銀幕にスケールもアップして持ってくるのかと勝手に想像していたので、それが良い意味で裏切られたことは嬉しい。同時にテレビ版では、事件そのものの謎を解くのではなく、あくまでね湯川には事件の背景は誰がやったかではなく、そのトリックを科学的に証明することに徹していたが、終盤になってトリックだけでなく、事件の背景やその人間関係にも多少興味を持ち始めた湯川が現れて来ていたが、今回は、その湯川自身が「天才」と認める数学者が相手で、後半は、寧ろそのトリックよりも、以前の同級生で天才数学者石神という人間に興味を持ち、結果的にそれが、この完全犯罪を覆すヒントになったという構成が、テレビ版とも上手く連携しつつ、且つ、映画らしい作品を作り、同時にこの作品はこれだけで完結させたことは大変大きい。

また、そのためのキャスティングもよく、特に松雪の存在は大きかったし、レギュラーメンバーである、柴崎、北村のキャラはテレビよりも際立って見えた。そして今回作品の中心のふたり、福山と堤は前述したように言うまでもない。

筆者もそうであるが、確かに凄く大きなスケールのガリレオを期待していたが、そこを思いっきり裏切ってくれて、新しい人間ドラマに仕立ててくれたことは大きい。そして、願わくば、映画のシリーズとしてガリレオは定期的にこの路線で続けてくれると良いと思うのだが・・・。


公式サイト


allcinema ONLINEの作品ページ
goo映画の作品ページ


よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング


ついに、音楽のブログを立ち上げました。
まだ少ししか記事を書いていませんが・・・
「音楽は語るなかれ」


ついでながら姉妹ブログへもどうぞ
時事問題のブログ 「情報過多で悩むあなたに」
下町探索記 「東京の原景を探して」
ただの日記「turtoone主義」
[PR]
by turtoone | 2008-10-05 23:57 | 映画(や行)

イキガミ

b0046687_2134748.jpg

この作品も原作はコミックらしい。今日本が世界に誇れる文化というのは、コミックとアニメとゲームの三つだということを本当に痛感する。同時に、文学とか美術とか音楽という芸術文化の基礎が底上げされずに、付帯的な文化の質だけが上がっていることに関して考えると、未来がどうなのかという点に関しては多少
心配な気がする。新しい文化の潮流であることには違いないのだが、基礎もまた重要で、その辺りが確立されていないと新しいものは生まれて来ないから。

「国家繁栄維持法」というネーミングも余り良くない(繁栄という言葉は維持するものではないから日本語的に少し可笑しい)法律が可決施行されるのは今世紀にあって、社会主義国はもとより、北朝鮮だって有り得ないだろうが、その辺りは原作者の一流の嘲笑だろう。要はそんな「形」はどうでも良いのであって、重要なことは生命の尊さを認識することが、長い歴史の中で人間ら根本から忘れ去れたものであり、同時にそれを回復することが世界平和に繋がる、基本的なことであるが、だから故、それは人類とか国家とかという大きな単位に課せられたものではなく、一個人と、個人の次に大きな集合体である、家族に課せられているというところがこの作品の根底にあるコンセプトであり、その総論のために、沢山の各論としての例を出している。実に良く考えられた内容であり、このコミック原作の土壌と展開には脱帽する。エンドロールで(連載中)とあるから、今もこの物語はショートストーリー的に色々な「イキガミ」のケースが示されていると思うが、湯川教授ではないが、実に興味深い(このレビューは次回予定)作品である。

今回映画作品で取り上げられた3話は、実際にコミックにあったものかどうかは知らないが、この3話共に実に良く出来た内容である。ストリートミュージシャンが最後に歌う歌。自分の選挙に息子ら届いたイキガミを利用する女性議員。そして、事故で失明した妹に最後の望みで角膜移植を願う兄。どれもが「精一杯生きようとしている人間」を表していて、しかし、なんらかの理由で社会から逸脱しつつある現実は、本人にも社会にも責任があると同時に、だからちょっとしたきっかけがあれば、それは変える事だって出来るのだと言っている。そのチャンスと対称軸に置かれる「厚生保健省」(ついでながらこのネーミングも少しおかしい。厚生と保健は同意語であるから行政の機関名としては不適当。敢えて言うのなら保健厚生か、省庁ではなく、委員会とかNPO・・・一例としては海外の機関で「保健省」としか和訳が無いこともあるが。まぁいいか)の存在が本来この法律の意図するところと正反対の恐怖を押し付けているところがブラックユーモアで面白い。しかも、この法律に対する罪が「思想犯」というのも可笑しく、最早、この厚生保健省なるものは、警察庁と同等の権限があるという、まさに自由主義国家には考えられない発想だ。だからこそ逆にこの物語のメッセージを伝える重要な役割になっている。

松田翔平の演技も良い。この作品は法律とか機関に捉われるのでなく、鑑賞者も人間にスポットを当てて欲しい。1000人の一人という確率は他人事ではないし、また「イキガミ」というオンも「生き神」を想像できて、また尚、面白いではないか。


公式サイト


allcinema ONLINEの作品ページ
goo映画の作品ページ


よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング


ついに、音楽のブログを立ち上げました。
まだ少ししか記事を書いていませんが・・・
「音楽は語るなかれ」


ついでながら姉妹ブログへもどうぞ
時事問題のブログ 「情報過多で悩むあなたに」
下町探索記 「東京の原景を探して」
ただの日記「turtoone主義」
[PR]
by turtoone | 2008-10-04 23:08 | 映画(あ行)