「ほっ」と。キャンペーン

暫く療養と入院、更に手術をしまして映画ブログは更新を怠っておりました。作品は鑑賞してますので、徐々に復帰させていただきます。今後共、よろしくおねがいします。


by turtoone
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

b0046687_22482036.jpg

インディの続編に関しては数年前から囁かれ、期待も大きかったが、まさか、この作品まで続編を予定しているとは知らなかった。ハムナプトラに関しては、勿論初版のBOX-DVDもあるが、これは家内のために買って来たようなもので、正直、内容に関してはVFXが凄いというくらいで、そんなに詳しく覚えていない。ただ、1作目と2作目がまるで時の流れの軸を歪めてしまうような訳のわからない出演人物の相対関係があり、2作目ではその関係の中に、オコーネル夫妻も取り込まれてしまったということと、そういえば2作目にはふたりの子供アレックスが出てきて、当然のことながら、本作品には主役級で登場してくるという映画ファンなら誰しもが憶測できる程度にしか、この作品は熟知していない。というか、2作目でエブリンの前世迄が分かってしまった今、何ゆえに続編なのだろうと思ったが、そうか、北京五輪に向けた興行目的だったのかとしか思わさざるを得ない作品の設定と、実際鑑賞をしてもその域を脱せなかったのは事実である。したがって、今ひとつの興行成績に封切り後も盛んに首都圏ではテレビスポットが流れている。

そもそもレイチェルが出ていないというのはどういうことなんだろうと思う。同時にレイチェル抜きでこの作品化をする意味があるのだろうかとも思わないか? ブレンダン・フレイザー、ジョン・ハナー、それに、アーノルド・ヴォスルーとレイチェルはこのシリーズには不可欠な存在だ。しかし、今回は物語の舞台が全く違うところに行ってしまったから、アーノルドはいたし方ないにしても、レイチェルがいないハムナプトラは全く意味がないし、第一、タイトルだって、ハムナプトラって違うのでないかと思う。いきなり、夫妻の絡みが出てきたりするが、やはりあの二人でないとあの味は出せていないし、読書会を開催していて次作を期待されるらしいが、「あんたが書いたんじゃないだろ」って大人気なく突っ込んでしまったりする。(読書会から入っているのは「ジェイン・オースチンの読書会」に引っ掛けてあるのだろうか? 安易だ・・・)。別に筆者は特別なレイチェルのファンではないが、この作品に出演しなかった理由を聞きたい。まさか、オスカー女優になったので、こういう興行重視の作品には出られないとでも言うのだろうか。但し、代役のマリア・ベロになってひとつだけ良いことがあった。そうアクションは彼女の方が上だということ。だが、それだけである。(彼女というと「コヨーテ・アグリー」しか印象にないのだが・・・)

また、内容に関して言えば、筆者としては、始皇帝を前2作のバケモノ同様に扱われることには遺憾である。始皇帝が暴君ではなかった説はここ2~3年で定説になりつつある。そももそ始皇帝を暴君に仕立てあげたのは、かの司馬遷であることは、筆者と同年代くらいの方は漢文の授業で(当時は必修科目だったから)既に了解済みであろうが、要は、司馬遷は「漢王朝」の正統性を書き綴っただけで、そういう意味では水戸光圀と内容は変わらない。そう、いつも言うように歴史はその時々の勝者の理論なのである。しかも都合が良いことに、始皇帝には兵馬俑が発見(1974年)されていてうってつけの題材であったに違いない。そこへ、ジェット・リー、ミシェル・ヨーといった中国・香港のトップスターをつぎ込んだ。まさに繋ぎ繋ぎの連携みたいな作品構築になってしまっていないか? また、いつも疑問なのだが、彼(等)を蘇らせてどう世界を統制しようというのだろうか。前2作のロマンスの部分の出典は良く分からないが、始皇帝もこの手の逸話は多いが、その多くは後世に作られたものであるし、実際に不老不死の話も残ってはいるが、このような傾国の美女は出てきておらず、かなり話がごちゃごちゃだし、極めつけは万里の長城の映像があったが、あの部分は明代に建造されたもので、始皇帝の存命中の映像として出すのは絶対におかしい。いつもこの辺りを突っ込んで申し訳ないが、映画人なら最低の時代考証は実在した人物を使うのであればきちんと調べて本物の映像を流して欲しい。

というか、物語も実に浅はかで残念であった。それから唯一売りであるVFXも物足りなかった。というか、中国のロケハンが足りなかったのではないか。虚構の物を作るのにも、実物は明確に把握をしておかないと、結局はこういう結果になってしまうという残念な作品を残した。やはり2作目でやめておくべきだったと思う。(そういう意味からすると、レイチェルは出なくて正解だったのか・・・?)


公式サイト


allcinema ONLINEの作品ページ
goo映画の作品ページ


よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング


ついに、音楽のブログを立ち上げることにしました。
まだ少ししか記事を書いていませんが・・・
「音楽は語るなかれ」


ついでながら姉妹ブログへもどうぞ
時事問題のブログ 「情報過多で悩むあなたに」
下町探索記 「東京の原景を探して」
ただの日記「turtoone主義」
[PR]
by turtoone | 2008-08-18 22:55 | 映画(は行)

ダークナイト

b0046687_124483.jpg

今年は7月の後半から特に忙しなくなってしまい、思うようにレビューが書けず滞っているが、若干休みがあったのでやっと落ち着いてレビューを書ける。

そんな中、いきなりであるが、この作品、タイトルから「バットマン」がなくなった理由が実は映画作品の最後でわかる。但しこれがいわゆるこの作品の主題であるから、この事について書いてしまっては、作品全体のネタばらしをしてしまうことになり、筆者の当ブログの基本方針に外れてしまうので、今回は中途半端なレビューになることをお許し頂きたい。

筆者にとってのバットマンとの出会いは、勿論「バットマンムービーズ」である。最初に映画作品として登場し、そののちテレビ・シリーズになった。日本でも何度か断片的に放映されていたし、なにしろ、このバットマンは当時からとても、「愛すべき」ヒーローであった。逆に言うと、当時の日本のヒーローというのは、常に色々なものを背負っていて、たとえば星飛雄馬なんかは貧乏と同時に大リーグ養成ギブスも背負っていたし、あしたのジョーも、タイガーマスクも暗かった。極め付きのウルトラマンは、作品全体のコンセプトから、常に世相に批判的であり、その象徴である「怪獣」を正義の味方が「倒さなければならない」という風刺は、幼いながらも色々なものを背負わされた悲劇のヒーローだと痛感しながらテレビを見ていたものだ。それに比べると、バットマンとはなんとおおらかな存在なのだろうかと大変興味深く感じていた。また、出てくる悪役というものが、ジョーカーにしても、ツーフェイスにしてキャラが強すぎて、逆に愛すべき存在になっていたことも事実だし、色々秘密兵器を持っていのが、結構笑ってしまうものも多かった。しかし、このバットマンの印象を大きく変えてしまったのが、ティムバートンである。筆者はティムの創出したバットマン像、及び、ゴッサムシティーの世界観に大変興味を惹かれた。そして、何時の頃からか、バットマンというヒーローはとても影のあるキャラとして認知されてしまったようだ。確かに、ティム・バートンが、サブリミナルのように各作品に埋め込んだ、「バットマン幼少の記憶」に関しては、作品を追う毎にそのパーセンテージが強くなり、孤高のヒーローとして変化していったが、まだ、ティムの作品シリーズには、ある種の「可笑しさ」がストーリーやキャラの中に残されていて、悲しさや内面を強調する反面、苦笑や希望を作品に残していたために救われていたと思う。但し、世紀末から9.11など一連の事件や世相という時代背景も可也強く相俟ってか、ヒーローがどんどん暗く、かつ受難していく時代に突入していったのは言うまでもない。そんな中で「こうもり」の名前を持つこのヒーローは、そのほかのどのヒーローよりも更に暗く、更に悩まなければならない宿命を持たされているというのが実際なのであろう。

前作の「バットマンビギンズ」からして、新しいバッドマンシリーズの輝かしい第1作という訳にはb0046687_1254036.jpg到底ならなかった。バッドマンに与えられた使命とは、最早街を守ることではなく己の出自との戦いでしかない。たとえば、この作品でも前作同様、170分という長い作品の中で、敵との戦いを描いている訳ではない。寧ろ、それは現在の世相と同じく、誰が正しくて誰が悪者なのかをはっきりとさせない(できない)。ジョーカーもそうであるが、彼が悪役なのか、いや悪いのは、狂っているのは世間ではないのかという部分が強すぎて、正直、単なるヒーローものという目線で見ていると理解ができない展開である。そう、この作品はもはや、ヒューマンドキュメントに近く、そして可也難解な作品になった。だが、色々な点で的を射ている作品であるのも事実。もしかしたら、過去のバットマン作品の中では最高傑作なのかもしれない。残念ながら、ヒーロー物の鑑賞を予定していた筆者にとっては、その辺りの心の準備が出来ておらず、物語を追うのがやっとで、中々それ以外の要素を追っかけられなかった。しかしながら、それだけ秀逸な作品であることは間違いなく、年内にDVDの発売を期待したい。

また、この作品がヒース・レジャーの遺作だと思うと残念だ。彼の最後の素晴らしい演技に多大なる拍手と敬意を表したい。

同時に、このバットマン・シリーズはここで終わってしまった方が良いのではないかとも思う。


公式サイト


allcinema ONLINEの作品ページ
goo映画の作品ページ


よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング


ついに、音楽のブログを立ち上げることにしました。
まだまだ記事を殆ど書いていませんが・・・
「音楽は語るなかれ」


ついでながら姉妹ブログへもどうぞ
時事問題のブログ 「情報過多で悩むあなたに」
下町探索記 「東京の原景を探して」
ただの日記「turtoone主義」
[PR]
by turtoone | 2008-08-17 22:15 | 映画(た行)