暫く療養と入院、更に手術をしまして映画ブログは更新を怠っておりました。作品は鑑賞してますので、徐々に復帰させていただきます。今後共、よろしくおねがいします。


by turtoone
カレンダー

<   2004年 11月 ( 38 )   > この月の画像一覧

ラプ・アクチュアリー

幾つかのストーリーがシンクロする展開は今までにも多数あったが、この作品、結末だけでなしに、途b0046687_22114918.jpg中で「おっと、こうつながるか」と、次の展開が期待出来る構成である。飽きさせることなく、一気に135分を短く、そして退屈させることなく見せてしまうのは、このジャンルとしては中々だった。全編にわたり、心暖まる内容を通せた作りも上手く、それぞれのディテール構成には脱帽。何回見ても良い作品だ。

クリスマスものというと、「ダイハード」や「ホームアローン」のように、スピィディーな展開が多かったが、単にラヴストーリーだけでなく見れたのは、シーンが変わることだけでなく、緩急のメリハリが良かった点にある。

個人的な感想としていうならば、コリンファースの役どころがあそこまで盛り上がるとは思わなかったのと、ローラリニーの恋の結末は・・・。【ネタバレしません】


この作品、劇場公開が日本では2月。だからクリスマスの趣が出なかったのだが、今この時期に見るのはお薦め。だけど、クリスマスだから何か奇跡が起こるって考えは、キリスト教文化が無い日本人には、残念ながらactuallyになりませんな・・・。


ラブ・アクチュアリーの公式サイト
allcinema ONLINEの作品ページ

よろしかったら、こちらもどうぞ
人気blogランキング
[PR]
by turtoone | 2004-11-29 22:43 | 映画(ら行)

リクルート

「マイノリティー・リポート」で、中々インパクトのある演技をみせたコリン・ファレルであるが、その後の作品を見ていると、ハリウッドの新しい「顔」としては、まだまだ物足りない。
b0046687_1421313.jpgポスト・トムクルーズの様相を感じたのは、残念ながら勘違いだったかも知れない。
この作品も、アルパチーノの存在感と演技力に翻弄されて、肝心のストーリーまで、アルパチーノがやっている役柄だから、絶対に普通には終わらないという詮索が先にたってしまうほどであったのは、筆者だけでは無いと思う。結末は然程、入り組んでいなく、何ら普通であったのだが・・・。

寧ろ、ブリジット・モイナハンが印象的であった。彼女はこの後「アイロポット」にも出演している。今後が大変楽しみな俳優である。

内容的には、敢えて・・・という感じである。
アルパチーノは個人的には余り好きでは無いが、流石である。彼が「ゴッドファーザー」でその存在感を示したのが32歳の時。コリンは今年28歳。タイプは全然違うが、コリンはあと4年であの域まで達することが出来るだろうか?


映画ドットコムの作品紹介
allcinema ONLINEのページ
[PR]
by turtoone | 2004-11-28 14:20 | 映画(ら行)
実はこのシリーズは筆者はシアターで見ていない。家内と子供達が見て大変好評だったのと、シュレック2は全米興行成績で、あのETを越え、堂々歴代第3位(4億3800万ドル)と、7年ぶりにベスト3を更新した。b0046687_9521387.jpg正直、それほどのものなのかどうかという期待が先行し、丁度お買得のツインパックが限定生産で店頭に並んでいたので買ってしまったという訳だ。

内容的に云々という作品ではなかった。

但し、こういう「冒険ファンタジー」の主役像というものが、ここ数年随分多様化しつつあることが世界的な流行として面白いと感じた。
日本でも「千と千尋の神隠し」の制作の際に、宮崎氏曰く「11歳の女の子が主役のファンタジーを作りたかった」といっている様に、この作品も主役は「怪物」。怪物は退治されるというのが、古今東西の共通観念であり、その辺りに冒険ファンタジーの新しい局面を感じる。

また、同時にこの作品は、大勢で見ると又面白いのは、両作共に全編に渡りある、様々なパロディをお互いに発見しあえるという観賞の仕方が楽しい。仲良しグループのクリスマス・パーティ等にお薦めできる作品だ。

次回作は「シュレック3」では無く、「長靴をはいたネコ」の冒険劇になるらしい。

シュレック2動画
allcinema ONLINEのページ
[PR]
by turtoone | 2004-11-28 10:16 | 映画(さ行)
ジャン・クリシャムの原作・映画化というと、初期の頃は、法廷物であるのに、「法廷」が出てb0046687_17423318.jpgこないという手法に大変興味をもった。特に、「ザ・ファーム」、「ペリカン文書」、「依頼人」というところは、中々キャスティングも見事で、原作で読む以外に「法廷物」の面白さを表現してくれたという点での功績は大変大きい。

そういう意味では、「レインメーカー」以来、久々の映画化は期待も大きく、十分にそれに答えてくれた作品だった。

圧巻だったのは、二大スター、G・ハックマンとD・ホフマンの唯一の絡みとなった化粧室のシーン。ほんの数分のカットだが、この作品の中では少ない役者のパワーを感じるシーンだった。

内容が内容だけに、オープニングシーン以外は淡々と流れて行く中で、J・キューザックの自然な演技が作風を壊すことなく見事だ。彼は「コン・エアー」等でもそうだが、必要以上に役者をアピールせず、それでいて痛烈に存在感を残すところが素晴らしい俳優で、いよいよその辺りにも磨きがかかってきたと言える。

久々に評価の高い「法廷物」となった。

物語と解説
映画評
allcinema ONLINEのページ
[PR]
by turtoone | 2004-11-27 18:03 | 映画(な行)
b0046687_2315034.jpgヨン様が昨日来日した。昨夜のNEWS23でも筑紫氏が「暗いニュースの中に唯一明るい話題」とコメントしていたが、一転、本日はとんだハプニングで曇り空となってしまったようだ。

実際、このファン心理は異常に感じるものがあり、やはり暗い世相というだけでなく、「尋常でない世相」というのが本当のところでは無いかと思う。

世情の安定は、人心の安定からだと思うのだが、 オーデンよ如何に?


ヨン様のスマイル曇る ファンのけがに心痛の表情
[PR]
by turtoone | 2004-11-26 23:23 | エンターテイメント
いよいよ「ドラゴンクエストⅧ ~空と海と大地と呪われし姫君」が明日、11月27日、午前7時に発売になる。

b0046687_2235086.jpgプレステ2になってから、初めてのドラゴンクエストということもあり、発売前から400万本という大台の期待が係っている。この冬は久々にハード、ソフト共に大きな売り上げが期待される。所謂「クリスマス商戦」の事実上明日がこけら落としである。

ドラゴンクエストⅧ公式サイト

一方で、昨日大変興味深いイベントがあった。
SCEと楽天のタイアップで行われた「新潟中越地震義援金オークション」である。
新潟中越地震 PSP事前オークションに総額3000万円
こういう形で貢献が出来、尚且つ、ユーザーに早く商品が渡るのであれば、これは中々意味のあるイベントだと思う。

こうしている間にも、既に販売店に「いち早く手にいれたい」と並んでいるゲームファンもいるのであろう。寒いのにご苦労さんだと思う。
[PR]
by turtoone | 2004-11-26 22:54 | エンターテイメント
バスケットの国内初のプロリーグ「bjリーグ」が設立された。

b0046687_2225949.gif最近何かと話題の多いバスケットであるが、スポーツ観戦というキーワードで考えると、どうだろう、他のスポーツと比べて見劣りはしないだろうか?
メディアにおけるバスケットはNBLの中継も多く、スピード感や選手の知名度、ビッグプレーも絶対的に叶うレベルで無い。
野球の様に、日米が接近しているわけでもない。また、サッカーのように、ポーターラインのないスポーツでもない。

なら、プロになって何を目指すのだろう。

それは多分、チームのひとつ「新潟アルビレックス」の様な方向性が良いと思う。

プロとアマの境を無くす。
選手とファン(サーポター)が共感する。

これが、新しい世紀のプロスポーツのあり方で、実は、世界の中でも、日本が最も遅れていた点である。Jリーグが出来るまで・・・

開幕は来年11月。期待はたいへん大きい。

男子バスケ初のプロ「bjリーグ」
bjリーグ公式サイト
[PR]
by turtoone | 2004-11-25 22:13 | スポーツ

紅白歌合戦出場者決まる

年末の第55回紅白歌合戦の出場者が選出された。

シンガーが実際「歌う」という音楽番組が減ってきている昨今、日本音楽界の色々な分野のアーティストが一堂に会するのはこの番組くらいなので、最近はこの番組を温泉宿で年越しに観ているというのが慣例になっている。
b0046687_22523274.jpg
そんな筆者でも、昨年は「サップVSアケボノ」と、子供のようにチャンネルをとっかえひっかえしていた程、普段全く格闘技を見ない層にも関心を持たせた、さすがは野獣と元横綱だ。

今年は、初出場が紅白併せて12組。やっぱり一番の期待はORANGE RANGE。nobodyknows+もいいかな。
今年はヒット曲が白組に多そうなので、どうしても白を中心に聴いてしまう。


しかし、毎年思うのだが、もう少し垢抜けないのかぁ。全米の音楽フェスとまでは言わないけれど、こういう機会なので、普段全くメディアには出ない人とか、紅白オンリーの企画物バンドとか。つまらない幕間のコントをやっているのなら、何か考えられないかなぁ。


マツケンサンバで大晦日全国縦断リオのカーニバルってのは?




第55回紅白歌合戦公式ページ
[PR]
by turtoone | 2004-11-24 23:00 | 音楽

華氏911

この作品が全米でロードショウ公開される直前に、カンヌを賑わし、b0046687_22461258.jpg25分にも及ぶ、スタンディングオベーションの末第57回カンヌ国際映画祭最高賞パルムドール、国際批評家連盟賞ダブル受賞に輝いたことは記憶に新しい。

そして、全米では配給先が中々決まらなかったことも、更に、先日の米大統領選の直前にテレビ放送をされたということも、又、記憶に新しい。

日本での公開もつい先日までミニシアターでは上映しているところもあったことも記憶に新しい。

しかし、今、改めてDVD化され、パッケージ化され、更に他の商品と同列に音楽ショップに陳列されている同作品を手に取ると、一体あの記憶に新しい一連の騒動はなんだったのだろうと思う。

そして、やはりこの作品を恵比寿の銀幕で見たときと同じ様に、「ボウリング~」のドキュメントとしての完成度に比べると、単に個人攻撃の域を出ていないと感じるのは筆者だけなのだろうか?

取りあえずあの一連の騒動の記念として、私のコレクション棚にも陳列はしておくが・・・
[PR]
by turtoone | 2004-11-23 23:02 | 映画(か行)

b0046687_9562799.jpg韓流という言葉を、個人的には今年最も良く聞くのであるが、10月の海外旅行人数が発表された。
驚くべきは、韓国への渡航者人数が、24万8435人と、この調査を始めてから7年振りに記録を更新した。さらに、50~60代の女性が中心でしかも、リピーターが多いという。今の日本で唯一元気な人たちだ。

韓流はもはやブームでなく、社会現象である。

しかし、実は、この世代には「日韓交流」という言葉に今までかなり抵抗があった人たちでもある。今まで、韓国旅行というと、男性が余り良くない目的のためにが多かった。しかし、今回、日本で一番元気で、一番影響力を持っている人たちの「韓流」は、今後の韓国との関係に大きな進歩を齎すと信じて疑わない。

韓国は最も日本に近い国。
そして、同時に友が最もたくさんいる国にしたい。

韓国への日本人観光客急増 韓流影響
[PR]
by turtoone | 2004-11-23 09:57 | 旅行・名産