暫く療養と入院、更に手術をしまして映画ブログは更新を怠っておりました。作品は鑑賞してますので、徐々に復帰させていただきます。今後共、よろしくおねがいします。


by turtoone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:エンターテイメント( 11 )

昨年ドラマ化されて高視聴率を得た、「白い巨塔」のスペシャル版が今週から3週にわたり放映される。b0046687_23114466.jpg「白い巨塔」といえば、原作が発表当時はタブーとされていた医事裁判に鋭い視点からメスを入れた意欲作として注目されたが、山崎豊子氏の緻密な物語は時代が経過しても決して色褪せることは無い。本当にあの当時に良くこれだけの内容を取材し、プロットを作り組み立てたかと思うと脱帽する。

今週は教授戦がヤマであったが、来週24日の放送分になる、係争裁判の流れは社会的にも大変意義の高い作品である。

筆者は又、この2003年版の「白い巨塔」も高く評価している。特に唐沢寿明は、所謂原作にある「財前五郎」では無い。原作の財前は背も大きく、太っており、見た目にもにくにくしい。そういう意味では田宮二郎の方「原作的」であった。しかし、唐沢はこのドラマで見事に「唐沢財前」を演じきったといえる。それ以外のメンバーも中々役者揃いであった。
しかし、2クール(6ヶ月。それでも普通のドラマり2倍)という限られた時間の中で、この原作の素晴らしさをすべて描くのは無理だったようだ。
特に、東教授の葛藤は、原作には今回出演している人間関係の中にも、もっと深い因縁が随所にあり、それをすべて出し切れなかったのが残念であった。折角、石坂浩二をキャスティングしながら、もっと深い奥底に潜む人間性を出せる筈だったのに残念だ。

「白い巨塔」は、これまでにも幾度か番組化されているが、その何れも原作を越える物が無い。実は、映像化するのが難しい作品なのかも知れない。

逆にいうと視聴覚で確認した後に、原作をじっくりと読み込んで欲しい作品だ。なぜなら、この小説は単に医学界のことだけで無く、人間の奥底に存在する本質をどこまで掘り下げられるかが痛快に描かれているからである。


フジテレビ開局45周年記念「白い巨塔」の公式サイト
名場面甦る…フジ系「白い巨塔」3夜にわたって放送

よろしかったら、こちらにご協力を
人気blogランキング
[PR]
by turtoone | 2004-12-17 23:36 | エンターテイメント
最初にこの映像を見たのは、幸運にもシアターであった。
b0046687_1957148.jpg
勿論、映画の予告だと思ったし、誰もがこの長い「予告編」を見れば、ムーランルージュを思い出す。
そうか、ニコールがまたバズ・ラーマンと組むのか?待てよ、そんなトピックスはどこでも聞いたことがないなぁ~。しかし、本当にこのニコールは美しい。最後に銀幕で見たのは「コールド・マウンテン」で、勿論ニコールはいつでも綺麗だが、あのストーリーは後半は逞しくなって行く。だから、多分、この映画は彼女の作品の中でも一番美しいニコールを表現するのだろうと・・・。

ところが、次第に「CHANEL」という文字が徐々に目に着きだす。エエッ、これって宣伝になのかって気が付いたときには「No.5」とスクリーンに文字が浮かぶ、やられたぁ~!本気になって見てしまった。そして本当に大きなため息をついてしまった。
ここ何日かはテレビのCMでもお目にかかるようになってきたが、私は幸か不幸か、最初にシネマ版2分間のロングバージョンを見てしまったので、テレビ版にはぐっとこないが、そのたびにあのスクリーン一杯に映し出されたニコールの美しさの極みを常に脳裏に浮かべることが出来る。
徐々に色々なことが分かってきて、ギネスに掲載されるほどの高ギャラだとか、CMで身に付けているダイヤは4200万ドルとか。そうそう、やはりこのCMの監督はバズ・ラーマンだった。

筆者の勝手な持論だが、昔の映画、例えば1940年代のフランス映画や、アメリカでもその少し後くらいまでは、兎に角女性を「美しく」撮っていた。白黒だということもあるかもしれないが、監督はヒロインを美しく撮ることにのみに力を注いだといっても過言ではない作品が多い。しかし現代は逆にそれがなくなった。女優が美しさを競わず、太ったり、醜い役をかって出たりすると賞に絡んだりする傾向が強いので、益々それが主流になっているようだ。
確かに、役作りは大事である。が、役の前に女優なのである。申し訳ないが、太って眉毛を抜いたシャーリーズ・セロンは見たくないし、レニーも、もうあのパターンは2回まで、流石に3回目は見たくない。

このCMがきっかけで、是非1940年代を髣髴させるような「銀幕一面の美しい女優」ブームになって欲しいと思うのだが・・・。


「eiga.com」の関連記事
ニコール・キッドマン、ギネスブックの50周年版に登場

よろしかったら、こちらにご協力を
人気blogランキング
[PR]
by turtoone | 2004-12-16 20:25 | エンターテイメント
「めだか」が最終回だった。このドラマ、火曜日の21時という中途半端な時間なので、全部b0046687_22254788.jpgは見られなかったが、このクールのドラマの中では一番良かったと思う。

ドラマの設定は大したことが無い、定時制高校の新任教師と生徒という特に目新しい物ではなかったが、やはり群を抜いた理由は、主演の「ミムラ」である。

彼女に関しては「ビギナー」から、殆どは見させて貰っている。確かに、「ビギナー」では、フジの月9という最も注目される枠で俳優としてデビューし(タイトルバックにも、ミムラ「新人」とテロップが出されたほど・・・)、色々な意味で注目をされ、どたらかというと批判が多かった様だった。そんな中で筆者は一点だけ、彼女が、他の女優と違う「類い稀な才能」に着目していた。何かというと「口で演技できる女優」だったことである。
大概の女優は「目で演技」する。しかし、このミムラは「目」よりも、「口」の表現力が素晴らしい。「目は口ほどに物を言う」というが、彼女にこれは当てはまらない。

口で演技できるということは、表現が大きいのである。なぜかは簡単。目よりも口の方が表面積が大きいからだ。それだけ、演技が大きいという事は幅が出る。事実、ミムラは短期間で最も成長した女優である。

モデル出身なので長身であるが、かといって、脚もそんなに細いわけでは無い、スタイルが抜群でも無い。とびっきりの美人という訳でも無い。しかし、テレビに出演する度に新しい印象を残してくれる存在である。

そんな彼女が映画に出る、「着信アリ2」。銀幕でどこまで映えるか期待したい。

STARDUSTのミムラのサイト
フジテレビのサイト

よろしかったら、こちらにご協力を
人気blogランキング
[PR]
by turtoone | 2004-12-14 22:43 | エンターテイメント
今年の大河ドラマ「新選組!」の最終回が放映された。今回は脚本に大河初起用の三谷幸喜氏を迎え、b0046687_21404569.jpgそこそこ期待のできる内容になると思ったが、最初の何回かでそれは期待はずれになってしまった。

原因は幾つかあって、やはり新選組というのは土方歳三、又は、沖田総司か、最近では斎藤一と、軸に置く人間が殆ど決まっていて、今回の様に、近藤勇というのは、ストーリー性に魅力のある人物でなく、だから、随分無理のあるこじつけが多すぎて、後半は歴史の面白さも半減した。幕末には色々な人間が出てきたが、まるでその人たちのすべてと近藤が係わり合いのあるような設定は、たとえフィクションだとしても合点がいかない。

又、残念ながら、その近藤役に香取慎吾を起用したのも大きな間違いだった。三谷氏は香取の起用の理由として、「香取くんなら、みんなが着いていきそうな雰囲気を持っている」というコメントをしていたが、それはそうかも知れないが、逆にも近藤という人物の持つ「重み」をすべて吹き飛ばしてしまった。だから、新選組組員が「局長についていく」といったところで、その部分の正当性が感じられなくなってしまい、結果、番組全体をつまらない物にしてしまった。

そんな中で、脇を固めた俳優陣、例えば、土方役の山本耕史、井上源三郎役の小林隆、さらに前半は、芹沢鴨役の佐藤浩市を始め多くの俳優に助けられていた。そういう意味では、実際の近藤勇局長と同じだったのかもしれないが・・・

来年は「義経」、主役はタッキーなのだが、あのかつ舌の悪さが一年間気になってしまうのを今から心配しているが・・・

尚、総集編は3部構成で、12月26日に放送予定である。


大河ドラマ「新選組!」の公式サイト

よろしかったら、こちらもどうぞ
人気blogランキング
[PR]
by turtoone | 2004-12-12 22:16 | エンターテイメント

PSP発売 1-2-1-2・・・

b0046687_2161679.jpg

いよいよ待望のPSP(プレステーション・ポケット)が明日、12月12日に発売される。今までもプレステは1月23日だったり、平成12年3月4日等、語呂の良い日を選んできたが、今回も12月12日に発売と中々演出も細かい。

同時発売ソフトも「みんなでGOLF」、「リッジ・レーサー」、16日発売でも、「どこでもいっしょ」、「METAL GEAR ACID」という人気定番ソフトを満を持して発売。PS2のこけら落としより遥かに充実した内容だ。先に発売された「ニンテンドーDS」との大きな違いは、内蔵DRAM 4MBを搭載し、ゲーム・音楽・映画がパッケージされた新しいカテゴリーのエンタティメントソフトウエア(来春発売予定)とも連携、ゲームだけでない世界も充実している。
更にゲーム性を前面出した機能としては、本体に無線LANを標準装備。ゲームコンテンツキャラクターのダウンロードや、遠く離れた人間とのオンライン対戦を可能にした。これだけの機能でこの価格(税込み20790円)は確かにお買得である。

初代PS発売以来、ずっと勝ち組だったSCEも、ここ2年は冬の時代が到来。この間に業界も様々な再編を繰り返して来た。そういう意味で今冬はまさにゲーム業界の存亡を賭けた勝負の年。そのために、ドラクエ、DSとこのPSPという例年に無い贅沢なラインナップで起死回生を願うのはどこのメーカーもプラットホームも同じであろう。

猪木のCMではないが、「1-2」で終わらず、「ダァ~!!」と雄たけびが出るほどの大ヒットになって欲しいものだ。


PSPの公式サイト
SCE、携帯「PSP」12日発売

よろしかったら、こちらもどうぞ
人気blogランキング
[PR]
by turtoone | 2004-12-11 21:40 | エンターテイメント
「ロードオブザリング」の原作であり「指環物語」と双璧をなすファンタジー超大作、「ナルニア国物語」の実写版映画化がきまった。b0046687_21132966.jpg筆者が知ったのは昨日であるが、既に、記者発表等は行われていたらしい。

現在、分かっている事は、制作はウォルトディズニーであること、監督は「シュレック」のアンドリュー・アダムソンであること、全米の公開は2005年12月、日本公開が2006年春であることなどで、俳優その他に関してはまだ公表されていない。

「ナルニア国物語」といえば、英国作家C.Sルイス著作で、神秘の国「ナルニア」を舞台に2500年以上に及ぶ壮大に繰り広げられる物語で、出演するキャラクターの種族が50種以上もあり、これまでも「指環物語」と共に、実写版は不可能といわれてきた。原作はこれまでに全世界で8500万部に達しており、現在でも毎年600万部売れているというから、今回の映画化により、1億部の達成も現実のものとなりそうだ。

今回の映画化は、全7巻の内の第一巻「ライオンと魔女」。そもそもナルニア国は、偉大なるライオンの王・アスランが創設した魔法の国。兎に角期待は大きく、今後も何か新しい情報が入り次第報告したい。

まずは、原作をお読みになっては如何なものか?


eiga.comの関連記事
原作の検索はamazonで・・・

よろしかったら、こちらもどうぞ
人気blogランキング
[PR]
by turtoone | 2004-12-06 21:39 | エンターテイメント

なっちが紅白辞退

正直なところ、この事件はちょっとショックだった。本人がどこまで気づいていたかということb0046687_22222850.jpgよりもどうしてこんな物が出回ってしまったのか不思議である。

この件に関しては良く知らないのでコメントは避けたいが、もし意図しての盗作だったとしたら、なぜ回りが気づいて指摘しないのか? 又、本人が知らなかったのであれば、少なくとも、出版社等はプロなのだから、やはり隅々まで校正するべきであったりのに・・・
また、昨日テレビで中沢裕子が謝罪したそうだが、どういう事なんだが、全く訳がわからない。もう皆立派な大人なんでしょって思うのだが。

さて、紅白は、「なつみ」が抜けて「後浦」で出るらしいが、替りにミキティが出て「ごまっとう」で出れば良い。所詮、3人を1まとめにして出場組数を減らせたと喜んでいたNHKにも、しっぺ返しになった。残念!

ここは一発、つんくが新しいジョイント名を考案したら、「さすがぁ」ということになるんだろうが。

安倍なつみ盗作で紅白辞退
[PR]
by turtoone | 2004-12-02 22:33 | エンターテイメント

ニンテンドーDS発売

いよいよ、明日12月2日にニンテンドーDSが発売になる。今年の年末商戦は、先週のドラクエⅦに始まり、b0046687_2074598.jpg久しぶりにゲーム業界が脚光を浴びそうである。

個人的には、ニンテンドーDSの戦略対象外に属する筆者としては、この商品に関しては傍観者であるが、今回のソフトをざっと拝見したところ、面白そうなのはニンテンドーソフトでは、「大合奏バンドブラザーズ」、ライセンシーソフトでは、セガの「きみのためなら死ねる」であろうか。専門誌での評価が高いのは、「さわるメイドインワリオ」と、「直観ヒトフデ」の様だ。プローションに関しては以前ブログでも書いたが、テレビメディアのCMを見ていると、どうもあの「タッチペン」というのがピンとこない。逆にウザッタさを感じてしまう。又、日常でPDAを使用している者に取っては、あのタッチペンを落としたり、なくしたりするのだろうなと余計なことばかり考えてしまう。しかし、逆にタッチペンを使うことにより新しいゲームソフト開発に繋がるのであれば、新天地を切り開くこともできるのであり、この辺りが、任天堂のコンセプトの高さなのだろうと思う。

任天堂は古くは「ミラクルトランプ」辺りから、普通の遊びに巧みな「付加価値」を考えて来た。
今回もそれを明確に感じ、サードパーティーの「ソフト」の競争力と質で勝負するSCEとは根本的に考え方が違い、そういう意味ではブランド力よりも常に「実」を前面に出しているのが、このメーカーの強いところだと思う。

一方で、世の中の「季節サンタ」であるご同輩諸兄には、頭の痛いシーズンではあるが・・・

ニンテンドーDSの公式サイト
任天堂のホームページ
3月までに500万台
このブログで紹介した関連記事
[PR]
by turtoone | 2004-12-01 20:16 | エンターテイメント
b0046687_2315034.jpgヨン様が昨日来日した。昨夜のNEWS23でも筑紫氏が「暗いニュースの中に唯一明るい話題」とコメントしていたが、一転、本日はとんだハプニングで曇り空となってしまったようだ。

実際、このファン心理は異常に感じるものがあり、やはり暗い世相というだけでなく、「尋常でない世相」というのが本当のところでは無いかと思う。

世情の安定は、人心の安定からだと思うのだが、 オーデンよ如何に?


ヨン様のスマイル曇る ファンのけがに心痛の表情
[PR]
by turtoone | 2004-11-26 23:23 | エンターテイメント
いよいよ「ドラゴンクエストⅧ ~空と海と大地と呪われし姫君」が明日、11月27日、午前7時に発売になる。

b0046687_2235086.jpgプレステ2になってから、初めてのドラゴンクエストということもあり、発売前から400万本という大台の期待が係っている。この冬は久々にハード、ソフト共に大きな売り上げが期待される。所謂「クリスマス商戦」の事実上明日がこけら落としである。

ドラゴンクエストⅧ公式サイト

一方で、昨日大変興味深いイベントがあった。
SCEと楽天のタイアップで行われた「新潟中越地震義援金オークション」である。
新潟中越地震 PSP事前オークションに総額3000万円
こういう形で貢献が出来、尚且つ、ユーザーに早く商品が渡るのであれば、これは中々意味のあるイベントだと思う。

こうしている間にも、既に販売店に「いち早く手にいれたい」と並んでいるゲームファンもいるのであろう。寒いのにご苦労さんだと思う。
[PR]
by turtoone | 2004-11-26 22:54 | エンターテイメント