暫く療養と入院、更に手術をしまして映画ブログは更新を怠っておりました。作品は鑑賞してますので、徐々に復帰させていただきます。今後共、よろしくおねがいします。


by turtoone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

コーヒー&シガレッツ ~My Collection~

b0046687_17525047.jpgkossyさんの人気ブログ「ネタバレ映画館」「人生は、奇跡の詩」のコメントでトム・ウェイツの事を書いたら、この表題作のことを触れられていて、そういえば、筆者のブログにはこの作品のレビューを書いていないことに気が着いた。と、いうか、この作品って東京周辺でも結構色々なところで(勿論、ミニ・シアターだったのだか・・・)上映していて、DVD化された時もまだ、上映されていて、ネットショッピング25%引きのDVDが自宅に届いた日に、自身三度目の上映館鑑賞に行ったという、不思議な作品である。この作品に必要以上に筆者が引かれてしまうのは、この手の作品には多い、複数の短編集の中にある、根拠のない共通項である。映像的な共通項としては、基本的に二人芝居、コーヒーカップ、チェッカーフラッグ模様のテーブルクロス、そして煙草である。

兎に角、一発目の「ロベルト・ベニーニとスティーヴン・ライト」からいきなり妙に笑いが取れる。本作品はそもそも、アメリカの人気テレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』において、ロベルト・ベニーニとスティーヴン・ライトを起用して撮影した「コーヒー&シガレッツ/変な出会い」が始まりで、その後、2作目の「双子」が作成されたのは暫くたってからである。このプロジェクトを一気に有名にしたのが、3作目の「カリフォルニアのどこかで」であり、作品化は1993年と、第1作の製作から既に7年が経っていたが、このイギー・ポップとトム・ウェイツの顔合わせでカンヌ映画祭の短編部門最高賞を受賞したことが、一般にも広く知り渡ったのである。そしてそれ以後も10年以上にわたって製作された全11編を纏めたのが、この「コーヒー&シガレッツ」という作品である。短編集にしては撮影のタームが長いのと、この間、ジム・ジャームッシュが全編の監督、及び製作にも当っていることが大変興味深い。

この短編集に関しては、鑑賞者によって色々な好みがあると思うし、又、その好みを色々な人に観てもらい、色々その批評を伺いたいと思う作品である。筆者は、この中では、やはり最初のベニーニとスティーヴン(ここでは、ベニーニの"スティーヴ"の繰り返しが彼らしくって良い)、それからミュージシャンの共演である、トム・ウェイツとイギー・ポップ(なんといってもオチが最高。このふたりのミュージシャンを存じている方には台詞も最高だと思う)、作品は短いが、コンセプトが一番好きな「ルネ」(自身を演じている、ルネ・フレンチも謎が多くて素敵)、そして、ケイト・ブランシェットの二役である。特に、他の作品が殆どチェッカーのテーブルクロスなのに、この短編と、2作目の「双子」は違う。ケイトは二役を演じているから、その辺りの連繋を考えると面白いし、同時に何度も見ることによって、どの作品とどの作品がどのようにリンクしているのかをフローチャートにするのも面白い作業である。筆者は時間がなくてそのチャート作成作業をしていないが、一日自由な時間があったら(そんな時間があったら朝からハ晩まで映画を観ていると思うが・・・)作業するのも良いかと思ったりしている。

それと、シガレットである。筆者は1日3箱以上は吸っていたヘビースモーカーだった20年前と比べると、未だに意志が弱く、数は4日で1箱程度と随分減ったものの、スモーカーである。煙草が1箱1000円になってくれたら絶対に止められるのにという責任転嫁をこの時代にまだ言っている。どちらかというと最近、カフェインの量は減っている。特に冬季は冷えるのと重なってやたらと利尿頻度が増えるのと、やはり、夜のコーヒーは睡眠の妨げになることがあるからだ。お陰で最近は少ない睡眠時間を熟睡し、夢を見ることも余りい。コーヒーにシガレットはつきものであるが、筆者にとっては、寧ろ、ブランデーとか、バーボンなんかの方がシガレットと似合うと思っている。でも、別の意味で、この作品にあるような「会話の妙」には、やはりリカーよりコーヒーなんだろうと納得する。

日本に無い慣習としては、コーヒーで乾杯をするところだろうか。少なくとも、筆者とその周りにはこういう風習はない。


公式サイト


allcinema ONLINEの作品ページ
goo映画の作品ページ


よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング


ついでながら姉妹ブログへもどうぞ
「情報過多で悩むあなたに」
「東京の原景を探して」
[PR]
by turtoone | 2007-04-03 22:53 | 映画(か行)