暫く療養と入院、更に手術をしまして映画ブログは更新を怠っておりました。作品は鑑賞してますので、徐々に復帰させていただきます。今後共、よろしくおねがいします。


by turtoone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

NHK大河「義経」始動

b0046687_2223323.jpg今年の大河ドラマ「義経」第一回が1月9日に放送された。主役は昨年に続き、今年も主役をジャニーズから大抜擢された滝沢秀明。一昨年の「武蔵」でも、準主役の佐々木小次郎が、松岡昌宏だったから、三年連続重要なポジションを押さえている。本当に大河は「ジャニーズ好き」である。

第一回は拡大60分。ここ数年このパターンであるが、今年は一の谷の合戦、世に言う「ひよどり越え」のシーンから始まった。ここからフラッシュ・バックさせる手法は昨年の「新選組!」と同じであるが、ひとつ大きな点が違うのは、今年は平治の乱までバックしてしまった。勿論、ここから話を始めないと、源氏の血筋が点々と各地へ散っていく過程や、なぜ、頼朝と義経に確執が生じるのかが説明しにくくなるから仕方ないのだが、だったら、見方によっては滝沢君を出すだけのためのような冒頭シーンや、無理のあるこじつけ的なナレーションもやめるべきである。その点では昨年の始まり方とは可也意味が違ってくる。いきなり拍子抜けさせられた感がぬぐえない。

キャスティングにも不満が多い。第一回だけで言えば、渡哲也はなんなのだ? 最近、良く大河にも出るようだが、随分前に竹中直人主役の「秀吉」で織田信長役をやったが、あの時と何も工夫がない。とても清盛とは思えないのが残念だ。大河では30年以上も前になるが、「新平家物語」の仲代達矢の「清盛」は良かった。それから、才人といわれた(近年は異説もあるが・・・)重盛も物足りない。後の平家の衰退は、重盛の早逝から始まったといわれるほどの人物であるから、勝又政信が悪いとは言わない(器用な俳優だと思う)がインパクトが弱い。その他、時子も、宗盛もどうかと・・・、それらしいのは平家でいえば、知盛の阿部寛くらいかなと、少し知盛にしては良い男過ぎるが・・・。阿部寛は大河でも実績があるから、重盛でも良かったと思う。

一方、源氏方のキャスティングは中々である。弁慶をマツケン、頼朝を中井喜一と、大河の「カオ」というべく主役級を白旗側に配したのは、やはりこのドラマは「義経」であり源氏に正義を持って来るという意図がはっきりとしている。

もうひとつ、今回は義経の兄・源範頼をきちんと描こうとしているようで、石原良純がキャスティングされている。平氏を滅亡させた功績は義経と同等かそれ以上の功績のある人物だが、史実と違い、どうも物語的には影の薄い人物で、余り時代物には登場しなかった。そういう意味では今回はこの人物の描かれ方にも興味を持ってみていたい。

昨年に続き今年一年、日曜20時が楽しみである。

NHK「義経」公式サイト

よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング
[PR]
by turtoone | 2005-01-10 23:03 | 文学・歴史