暫く療養と入院、更に手術をしまして映画ブログは更新を怠っておりました。作品は鑑賞してますので、徐々に復帰させていただきます。今後共、よろしくおねがいします。


by turtoone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

鴨川ホルモー

b0046687_1044155.jpg

ここ数年、秋の京都に毎年行っているので可也この街には詳しくなった。少し前までは春・秋と年2回、桜と紅葉の季節行っていたのだが、諸事情があって現在秋だけ。学生時代に一緒にバンドをやっていた輩が京都大学の准教授になって以来、友人数名で彼のお祝いがきっかけで毎年訪問しているが、いつも一見では入れない料亭を接待してくれていて、恐らく彼ではなく教授の行き付けなのだろうが、その世界ひとつを取っても都が1000年以上も置かれていた場所は奥が深く、筆者的にはこの土地を探索し続けることをしてみたいと思ったりする。そんな准教授が以前にこの4大学の位置関係を話してくれたことがあり筆者も知っていることと併せて語り合ったことがあったが、折角だから雑学(当ブログのタイトルと趣旨なので・・・)として纏めておくと、そもそも春夏秋冬は色で識別すると、青春、朱夏(赤)、白秋、玄冬(黒)、方角にすると、青は東、赤は南、白は西、黒は北になる。更に、これを動物(四神)に当てはめると青龍、朱雀、白虎、玄武というとになる。実は作品でも説明していたが、そもそもの出典は中国天文学に拠るが、わが国ではこれに中国の五行説も取り入れて、中央にも「黄龍」が配置されて更に曜日と呼応させている。相撲の土俵に以前は柱があり、それぞれの色(現在は天屋根から吊るした房になっている)で表しているので良く分かると思う。ところで、その話の席では、玄武という架空の動物に話題がそれてしまったので、それ以上この京都の位置関係には発展しなかったが、本作品の基礎となる部分を観て、なるほど、彼はもっと詳しくこの話を知っていたなと今は後悔している。

「鹿男あをによし」をテレビで久々に殆ど全部観て、万城目学氏(原作は読んでいない。読もうと思う)の世界に興味があっての鑑賞だったから、この辺りのくだりまでは大変すんなりと自分の中に入ってきたのも事実。特に、四大学の位置関係と色、及び四神を扱ったチーム名は前述した通りの要素を、文字で表すと大変難しく、また、一度読んでも中々理解頂けない(文章表現も下手だしね・・・陳謝)が、この作品のように映像にすると大変分かり易く、この作品を観た方は、四神という考えは雑学としては最高レベルにあり、企業研修会の講義でも、PTAの先生との懇親会でも、或いは銀座のスナックでも、何処ででも通用する話だから(クイズ形式にすると良い、白色の季節と動物は何かとか、白秋、白虎と言うじゃないですか・・・、というように)、是非習得して欲しいと思う。

さて、作品に関してであるが、上記の様な理由で前半で大変満足してしまったために、中盤からは可也困惑したのも事実。実際にこの「ホルモー」という競技は戦前にはあったらしいというのだが、筆者の知識ではそれ以上は分からない。しかし、最近の京都通として四条河原に四方向から集結するっていうシーンは感動した。これは本物だって思ったのだが、問題はその後が思いっきりファンタジー(というかエンタメ)性に走ってしまって、あのポリゴンのオニは(確かに分かり易いのだが)どうにかならなかったのかと、ゲーム世代(FFファンの自分もその走りだが・・・)を意識した作りになってしまったのが残念。京都から一気にアキバに越して来た様だった。前述した「鹿男~」が良かったのは、古来の風習と、現代人の因果関係が最後まで密接で途切れなかったことに「歴史ミステリー」の要素を含んでいたのだが、今回は主人公とライバルの名前(何れも陰陽師から取っているのがすぐわかる)くらいで、例えば、栗山や芦名と言ったふたりのヒロイン(この二人のキャスティングはベターである)が居たにも関わらず、殆どホルモーの根幹になる部分で活かされなかったのは残念だ。余談だが、主人公が最初は芦名の「鼻」が良いといったのに、最後には栗山の「瞳」が良いというのも、一貫してなくて(そこがオチならよいのだが)構成と台詞の拙さを露呈している。残念だ。

作者の万城目さん自身も一浪京大だから、もしかしたらこのサークルを作ろうと思っておられたのか、興味はつきない。もしかしたら冒頭に書いた友人の准教授も(奴は京大卒ではなく、東京の私大卒後、京大の院生だが・・・)このサークルの顧問だったりして、今秋逢うのが今から楽しみだ。それから、織田信長の時代にもシャンプーハットがあったという発見が出来たのがこの映画作品のもうひとつの収穫であった。おっとこれは拙いオチかなぁ・・・。


公式サイト


allcinema ONLINEの作品ページ
goo映画の作品ページ



よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング


音楽のブログを立ち上げました。
こちらにもお立ち寄りください。
「音楽は語るなかれ」


ついでながら姉妹ブログへもどうぞ
時事問題のブログ 「情報過多で悩むあなたに」
下町探索記 「東京の原景を探して」
ただの日記「turtoone主義」
[PR]
by turtoone | 2009-04-29 10:51 | 映画(か行)