暫く療養と入院、更に手術をしまして映画ブログは更新を怠っておりました。作品は鑑賞してますので、徐々に復帰させていただきます。今後共、よろしくおねがいします。


by turtoone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ワルキューレ

b0046687_1724625.jpg


筆者にとっては「2008年期待度ランキング」以来長きに待たされた待望の鑑賞である。

ワルキューレ(直訳すると「戦死者を選ぶ者」の意)といえばワグナーである。が、ブラームス信者の筆者からは、実はクラシックでは一番遠くにいる存在だ。リヒャルト・ワグナーについてはいずれ音楽ブログに書くとして、そんな遠くのワグナーだが、無論この名曲は知っているし、レコードもDVDもある(CDはない)。楽劇「ニーベルングの指環」の第一夜「ワルキューレ」は、4部作の中でし最も人気が高く、単独上演回数も多い(なんといってもそれぞれが4時間程度の作品なのだから・・・)。ワグナーはリストと並び標題音楽の祖とも言える逸材であるが、何しろ構想は壮大で、且つ、音楽だけでなくあらゆる才能に長けていた人だから(音楽家としてだけの括りでは難しい人だ)、この楽劇も、一度や二度見ただけでは内容は兎も角も、ワグナー自身が何を希求し、何を主張したかったのかということは明確に分からない。ただ、名曲「ワルキューレの騎行の動機」の旋律は、悪戯に戦いを増幅させる象徴にも取られかねない。筆者はワグナーという人は音楽以上に文芸に精通していて、だから音楽だけでは自分の世界を描写できなかったのだと思うし、これは、音楽の範疇を越えていると考える側面と、逆に同時期の他の音楽家と比べると音楽的表現力が不足していたという両面が考察できる。筆者は冒頭で書いたように、ブラームス派だからこの理屈で言えば後者を支持する。

ワルキューレ作戦は、多くのヒトラー暗殺計画のひとつとして認知しているが、国家という概念をしっかり堅持するように教育されていない筆者の年代には、愛国とか憂国とかいう感覚は全く分からないし、敗戦国で有りながら日米安保の傘に庇護された身に取ってはせいぜい戦前の教育勅語は均整の取れた美しい文体だと思う程度が精一杯である。日本にも愛国の精神の元にクーデターが頻発した時代があったが、その多くは世論というものではなく、見解の相違から発している言わば退廃的な結果をもたらすに留まった物ばかりである。国家一千年の大計なんて人ひとりで為し遂げられ物ではないが、かといって大志を抱けない(というか日本人を骨抜きにして抱かせなくしてしまったGHQ政策とその後の幼少年教育)というのも悲しい現実である。だが、この作品では短時間の中に、主人公であるシュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)の堅持している国家像を見事に描きあげている。その効果は、誰もがわかっている結末(事実の物語というエクスキューズを冒頭に入れて鑑賞者に念を押している)であっても実はとか、本当はどうだったとか、新しい文献が出て、ドイツ国史が再構築されたのではないかと錯覚させるほどである。そして、トム・クルーズを筆頭に、個性的な役者を適役に配して、それぞれの国家観というものがあったに違いないが、それをひとりひとり細かく演出するのではなく、シュタウフェンベルク大佐の国家観なよるところの作戦であることが強調された点は、地味で、作品が単調になったという批判もあるが、作品の骨格をぶらさなかったという点で高く評価できる(とかくこういう作品には、色々な人間の価値観を表現してしまうものだ)。だからこそ、レコードを聴いて作戦を思いついたり、重要なのは独裁者の暗殺後ではなくその後の体制樹立だと言って国家の面子を守ろうとする他の人間と一線を画し、根本は政府は国民のためにあるという主張を貫いている。この作品を高く評価するのは、そういう脚本や構成の部分であり、単に作品が単調だと思う輩は映画作品の本質を理解していないのである。

前述したが、そういう意味でも演技は素晴らしく、トムは勿論のこと、ケネス・ブレナー、ビル・ナイ、テレンス・スタンプ、エディ・イザード、トーマス・クレッチマン等が、素晴らしい「脇役」を演じていた。特に、カリス・ファン・ハウテンは「ブラック・ブック」に続き、この時代の女性を演じたら今や最高だと思う。余談であるが、大佐の家の子供たちは、幼くして「ニーンベルグの指環」を演じていた訳で、流石に欧州の中流家庭には家の中に文化があるのだと感心した。そして、トム・クルーズ主演にとっては本当に久々の秀作である。


公式サイト


allcinema ONLINEの作品ページ
goo映画の作品ページ


よろしかったら、こちらにご協力を。映画のブログも検索できます。
人気blogランキング


音楽のブログを立ち上げました。
こちらにもお立ち寄りください。
「音楽は語るなかれ」


ついでながら姉妹ブログへもどうぞ
時事問題のブログ 「情報過多で悩むあなたに」
下町探索記 「東京の原景を探して」
ただの日記「turtoone主義」
[PR]
by turtoone | 2009-03-22 17:08 | 映画(わ行)